江戸時代、男色のための陰間茶屋には客を満足させる為にネギが常備されていた?

写真拡大 (全4枚)

美しい外見であるために

男色が盛んだった江戸時代。男娼は陰間と呼ばれ、陰間茶屋で遊ぶ人たちもいました。

陰間たちは、子供の頃から役者の候補生として舞台の芸はもちろんのこと、歩き方や夜の技法もしっかりと、いろんな芸を仕込まれています。客に喜んでもらうためには、外見においてもサービス面でも努力が必要なのです。

陰間たちは優美な外見であるために、幼少期から身体をピカピカにすることを怠りません。石榴(ざくろ)の皮を水につけて陰干ししたものを粉末状にして袋にいれたもので、毎日顔や体を磨いていたようです。鼻を高くするために、毎晩鼻を板で挟んで寝ていたとか。

床入りが基本のため、体臭のもとになる食べ物、貝類や焼いた魚、鳥類も禁止、ガスが出やすくなる芋類も禁止。食べ物まで制限があったのですね。

喜多川歌麿「歌まくら」

ちなみに衆道においては11歳〜14歳が「蕾める花」、15歳〜18歳が「盛りの花」、19歳〜22歳が「散る花」と言われていました。成長すると男色に向かなくなり、散る花の年齢になると客は女性相手に変わります。

客に満足してもらうために、ぐっとガマン!

客は、女と同じ快楽を求めていません。陰間茶屋でしか味わえない快楽を求めて、やってきます。堅くて太いモノだったら、痛いなんていうものじゃなく絶叫したかったでしょう。それでも歯を食いしばって、耐えて耐えて耐え抜いていたのです。

「陰間との性交を描いた春画」鈴木春信

そんなときは、潤滑剤をたっぷり塗りつけていたそう。男娼として初めて接客するときは、どの陰間も通る道。山しょうの粉をアナルの内に差し入れて、その痒さで痛みを紛らわすと最後までできるともいわれていました。

とはいえ、無理やり挿入されたら、やはり肛門も傷ついてしまうようで。肛門が傷ついたら、蒸したネギの白い部分をあてて処置していたとか。そんなわけで、いつも瓶にたくさんのネギが常備されていたのです。

陰間のほとんどは痔持ちだったとのこと。陰間通いする客にとっては快楽ですが、陰間にとっては身体を張っての接客でした。もちろんお客の前で苦しそうな様子を見せてはいけませんから、優雅に。

陰間茶屋が賑わっていたのも、陰間たちのこんな努力や苦労があってこそなのですね。

参考文献:田中 夏織(2002)『お江戸吉原草紙』原書房.、永井義男(2016)『江戸の売春』河出新房新社.、蕣露庵主人(1994)『江戸の艶本と艶句を愉しむ』三樹書房.