草刈正雄(撮影:編集部)

写真拡大

 8日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ)に、草刈正雄の娘で、タレントの紅蘭が出演。二世としてこれまで抱えてきた悩みについて明かした。

 個性際立つトークとナイスバディですっかりタレントとしての地位を確立した紅蘭。しかし実はパーソナルトレーナーの資格も取得し、ちょうどエクササイズのレッスンを行う会社を設立したところなのだという。

 実は紅蘭、子供の時から草刈正雄のいわゆる「七光り」が嫌で、高校のときにはアルバイトをかけもちして欲しいものを買い、父親からのお小遣いも普通の高校生程度しかもらっていなかったのだという。しかし、「それでも私がバッグを買ったら、『どうせ親から買ってもらったんでしょ?』って。それがもう本当に悔しくて」と興奮気味に当時の心中を語ったが、一方でタレントになったことで親の力を使ってしまった自分に対しての歯がゆさをぶちまけた。

 さらに、所属事務所に関しても、自身でマネージャー探しや金銭関係を行っているにも関わらず、父・草刈の事務所に所属していることが嫌だと告白。とにかく父親の「七光り」と思われるような行為全てが嫌だと吐露した。そんな中での会社については、完全に自分の力で設立したという紅蘭。草刈にはまだ報告していないことも明かしていた。