中国「吉利汽車」の株価急騰 時価総額はフォードの50%以上に

写真拡大

中国最大の民間自動車メーカーのジーリー(吉利汽車、Geely Auto)の株価は8月8日、香港証券取引所で7%以上の上昇となり、史上最高値を更新した。ジーリーは7月までの新車販売台数を公開し、売上は前年比89%の伸びで、今年だけで62万台以上を販売したと発表した。

売上を牽引したのは昨年から販売を開始した新型のSUV車両だった。ジーリーは、ほぼ中国国内のみで自動車を販売している。

ジーリーの株価は昨年から約3倍の上昇となり時価総額は220億ドル(約2.4兆円)に達した。米フォードモータースの時価総額は現在430億ドルであり、ジーリーの時価総額はフォードの半分以上に達したことになる。

杭州市本拠のジーリーの親会社のジーリー・ホールディングスは2010年にフォードからボルボを買収した。ジーリー・ホールディングスは8月4日、傘下のボルボと共同で新会社「GVオートモービル・テクノロジー」を設立し、電気自動車(EV)の開発を促進し、世界市場での競争力を高めると宣言した。

ジーリーグループは中国のビリオネアのLi Shufu(李書福)が会長を務めている。Liの資産額はフォーブスのリアルタイムビリオネアランキングのデータでは現在、87億ドル(約9600億円)となっている。