ナタリー・ポートマン&オスカー・アイザック Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images、
Photo by Walter McBride/Getty Images

写真拡大

 アカデミー賞視覚効果賞を受賞したSFスリラー「エクス・マキナ」の監督アレックス・ガーランドと主演オスカー・アイザックが再タッグを組む新作「Annihilation(原題)」が、2018年2月23日に全米公開されることが決定した。

 本作は、ジェフ・バンダミア著「全滅領域」を米パラマウント・ピクチャーズが映画化する作品で、スコット・ルーディンがプロデュース。生態系が不可解な進化を遂げた謎の領域エリアXに侵入する、人類学者、測量技師、心理学者、生物学者からなる女性調査隊4人のサバイバルを描くストーリーで、映画はガーランドが脚色を手がけた。

 米Deadlineによれば、ナタリー・ポートマンが生物学者役を演じ、ジーナ・ロドリゲス(「ジェーン・ザ・ヴァージン」)、テッサ・トンプソン(「クリード チャンプを継ぐ男」)、ジェニファー・ジェイソン・リー(「ヘイトフル・エイト」)が共演。アイザックは、ポートマンの行方不明になった夫役を演じる。

 ちなみに、18年2月23日は本作のほかに、実在の幽霊屋敷を題材にしたピーター&マイケル・スピエリッグ兄弟監督(「デイブレイカー」「プリデスティネーション」)、ヘレン・ミレン主演の超常現象スリラー「Winchester(原題)」が全米公開される。