【ソウル聯合ニュース】俳優のハ・ジョンウとイ・ソンギュンが韓国映画「PMC」(仮題)で共演することが9日、分かった。

 製作会社によると、同作は南北軍事境界線がある板門店から近い地下バンカーの会談場で繰り広げられる秘密作戦にグローバル民間軍事会社の韓国人リーダーとそのチーム員が投入されることで起きる事件を描く。映画「テロ,ライブ」のキム・ビョンウ監督がメガホンを取る。
 ハ・ジョンウが韓国人リーダーを、イ・ソンギュンが北朝鮮の軍医官、ユン・ジウィを演じる。2人が共演するのは初めて。
 「テロ,ライブ」にも出演したハ・ジョンウは「PMC」について「監督と多くのことを話し合い、アイデアを分かち合った。製作にも直接参加するほど作品への愛情が格別なので新たな覚悟で撮影に臨みたい」とコメントした。

 イ・ソンギュンは、キム監督に対する信頼とハ・ジョンウとの初共演というこの二つだけでも期待できる作品だとした上で、「リアルタイムで繰り広げられる物語は観客に新鮮な面白さを提供するだろう」と語った。
 「PMC」は4日にクランクインした。来年公開の予定。