【詳細】CM映像はこちら

小田急電鉄が、本日8月9日、新CM「世界に一つの日々と[1人の寄り道篇]」を公開した。

本CMは、「世界に一つの日々と」をテーマにしたCM第3弾。今回は新進気鋭の女優・阿部純子を起用し、涙の中、たまたま降りた下北沢の街で、人々の活気や弾き語りをする女性、そして小さな劇場で喜劇に触れることで、少し前向きになる様子を描き出している。

弾き語りをする女性役には、話題沸騰中のシンガーソングライター、柴田聡子を起用。アーティストならではの、リアリティある演技は必見だ。

さらに、動画の公開を記念して、阿部純子にスペシャルインタビューを実施。今回の撮影の裏話や、下北沢についての想いを語る、貴重な内容となっている。

また、CMの舞台となった駅の近隣に住む人々にインタビューを行う『ODAKYU INTERVIEW TRAIN』も公開。代々木上原篇・経堂篇に続き、今回は下北沢で撮影した。

インタビューの対象者にもいろんな意味で「下北沢らしい」人々をチョイス。アーティストや駆け出しの役者、フリーライターから、会社員の方などにインタビュー。さらに、劇場やカレー屋さん、カフェなど、下北沢の魅力がふんだんに伝わる場所でインタビューを行った。

様々な人が集まりながらも、それが融合して街を構成しているという、「下北沢らしさ」を感じさせる動画となっている。

阿部純子 インタビュー

Q:完成したCMを観た感想をお聞かせください。

悲しくてたまらないときだって、下北沢は優しい気持ちにしてくれる。光と色彩を通じて心をやわらかくするようなCMに仕上がって、とっても幸せに感じました。

Q:今回のCMの見どころは?

涙でにじんだ下北沢の風景。

Q:今回の撮影にあたって、最も苦労したことは?

世界の中でひとりぼっちになってしまったかのような気持ちで歩き続けたこと。

Q:下北沢という街の印象は?

ちょっと角を曲がれば何が見つかるかわからない、ラビリンスのような街。

Q:下北沢で、思い出に残っていることは?

下北沢のカフェで友だちと集まって、まだ見えない将来について話したことがあります。街の雰囲気に、素直な気持ちを許してもらったみたいで、「頑張ろう」と励まされました。

Q:阿部さんが感じる、下北沢のいちばんの魅力は?

いちばんの魅力は、人と人の距離が近いこと。そのぶんお店も多いし、探せば奥が深いことを知って驚くこともあります。撮影を通してたくさんの発見もありました。

Q:CMでは涙を浮かべている女性の役を演じられていますが、悲しくなったときに元気になるにはどうしていますか。

電車に乗って小旅行。本を読んだり、カメラを持って写真を撮ったりします。そういったリラックスできる場所と時間は大事にしています。

Q:終電後の駅や回送電車を使った撮影でしたが、印象に残ったことはありますか。

誰もいない駅や電車を見て、それがどれほど多くの人と人を繋げる役割を果たしているのか、ということを改めて実感しました。当たり前かもしれないですが、そのありがたみを感じました。こういった撮影は、はじめての経験でしたが、とってもワクワクしました。







小田急電鉄 特設サイト

http://www.odakyu.jp/days/

柴田聡子 OFFICIAL WEBSITE

http://shibatasatoko.com/