シーズンオフ中に都内でインタビュー取材に応じてくれた小林祐希【写真:舩木渉】

写真拡大 (全2枚)

昨季は31試合1得点。数字だけ見たら「ダメ」

 サッカー選手の旬の時期は人ぞれぞれ。若くして豊かな才能を満開にする花があれば、辛抱強く力を蓄え、やがて咲かせる大輪の花もある。躍進につながるターニングポイントに興味津々だ。
 今回は特別編。これまで登場してもらった晩熟型のプレーヤーではなく、育成年代から将来を嘱望されてきた小林祐希選手の話を聞いた。昨年8月、エールディビジのSCヘーレンフェーンに移籍し、定位置をつかみシーズンを戦い抜いた。この1年でプレーはどう進化したのか。異国の地での生活は、内面にどのような変化を及ぼしたのか。そして、この先の展望やいかに。(取材・文:海江田哲朗)【後編】

----------

――昨季、ヘーレンフェーンでは、31試合1得点。この数字については?

「ダメでしょ。数字だけ見たら」

――アンカーを中心に、守備的なポジションで起用されていた。シーズンを通して、レギュラーをがっちりつかんだ価値は大きいのでは?

「センターバックやサイドバックもやりましたからね。守備的なポジションで試合に出られたのはプラスに捉えています。シュートは3本ポストに当てていて、ほかに惜しいチャンスが何回かあった。うまくいけば5点はいっていたかも。まあ、そこは運も関係するので。

 ナナさん(名波浩・ジュビロ磐田監督)とたまに電話すると、『いまは数字を気にするな。数字なんか気にしてプレーするな。毎試合、違うことができるようになってきている。ちゃんと進歩しているよ』と言われます。それは自分でも実感としてあるんです」

――具体的には?

「たとえば、ヘディングで競り勝てるようになったり、身体を張って止めなければいけないところでのスラインディングなど、身体が勝手に反応するようになってきた。パススピードの向上、ターンの速さ、ゴール前に飛び出していけるようになったこともあります。

 ヘーレンフェーンは戦術的に縛りの多いチームだから、監督からしないように言われているプレーがあるなか、自分の判断とタイミングを見てできるようになってきている。おれ、ディフェンスはめっちゃ巧くなりましたよ」

――相手との間合いや身体のぶつけ方など、対応のコツを覚えましたか?

「飛び抜けてスピードのあるヤツだと、どんな間合いでも無理。そこは前を向かせないのが一番ですね。ゴリゴリ系の場合は、背負ったときに相手がどこにいるのか手で触っていたい習性がある。それなら不安にさせてやろうと、わざと離れたりします。

 単純にスピード、パワーで向かってくるヤツのほうが読みやすい。巧いヤツは最初の動きで外してくるから、それが一番ムカつく」

EL予選出場をかけたプレーオフでメンバー外になった理由

――エールディビジのトップ3、フェイエノールト、アヤックス、PSVには手強い相手がわんさといる?

「スピードにパワー、技術も兼ね備える選手が山ほどいます。オランダでは、右ウイングに左利き、左ウイングに右利きを置いて、みんなめっちゃ足が速い。あからさまに縦を切るだけだと、中にボールをつけられてワンツーで一気に走られる。身体ぶつけて止められることもありますが、マジで速いヤツはラインの外からぐわっと抜いていくんです。

 真ん中で対峙したほうが、まだ潰せますね。サイドではずるずる下がってスコンと抜かれるケースがあるので、カードもらわないように巧妙なファウルができるようになったら、ディフェンス力がもうワンランク上がるかな」

――そういえば、エールディビジ終了後の、ヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦出場を懸けたFCユトレヒトとのプレーオフに敗れたのは残念でした。第1戦はメンバー外で、第2戦は途中出場。これはコンディションの問題?

「違います。ふつうに外れました。おれの場合、昨年の夏に移籍した都合、休みなしで70数試合連続でプレーしていたんですよ。それで監督から『疲労が溜まっている』と言われ、そりゃ疲れてるよ、でもラスト2試合がんばりどきじゃないの? という話し合いがありました。

 監督から『メンバーから外れたら失望するか?』と訊かれて、失望というよりガッカリだよね、力抜けちゃう感じと言ったら、来季を見据えて試したいことを説明されて最終的には受け入れました。別に監督のやり方に文句をつけるつもりはないから外で見ているよと。

 結果、第1戦を1‐4で落とし、2戦目も前半は0-1で、まったく攻められず、ボールも奪えない状況。後半から自分が出て、1‐1に追いついて終わっています。あれはあれで小林祐希の重要性を示せたから悪い終わり方ではなかった」

代表初ゴールは「名波トレーニングのおかげ」

――今季に懸けるモチベーションの面では、ELのあるなしは大きいのでは?

「もし出場できていたら楽しみではあったけど、それで極端に変わることないです。リーグ戦のほかにカップ戦があり、ポジション争いも激しい」

――なるほど。海外移籍1年目の収穫は多し、と。

「昨季の31試合1得点0アシスト。この結果は悔しいです。悔しいけれど、コーナーキックやフリーキックを蹴らせてもらっていないのも関係しているので。ただ、やはり数字を残さないと代表には選ばれない」

――欧州の4大リーグ以外では、わかりやすい数字で目立つのがフックになる。

「内容で評価されづらいなら、今季は数字も残しちゃおっかなと。エゴイスティックなやり方をするつもりはないですけどね。それでも選ばれないのならしょうがない。おれは代表がすべてとも考えていないですから」

――昨年11月11日のキリンチャレンジカップ、オマーン戦。鮮やかな日本代表初ゴールでした。

「あれは名波トレーニングのおかげです。見たことあります? あれをやり始めたのはおれらなんですよ。最初はナナさんと3人くらいだったかな。こないだ磐田にいったときは、十数人がやっていました」

――詳しく聞かせてください。

「ペナルティエリアの外、ナナさんがパスの出し手で、ディフェンダーがひとり。ナナさんがいろいろなボールを出してくれるんです。浮かした球、速い球、スルーパス、ちょんと置いたボール。シューターは瞬時に反応してダイレクトで打つ。

 足元にボールが入ってきたら、ワンタッチでコントロールし、ディフェンダーをはがしてシュート。それをずっと続けてきて、身体にくせがついていた。ボールを止め、すすっと動いてズドン」

――あのゴールは、力の抜け具合がよかったですね。7割のコントロールショット。

「右足だったから、力を入れすぎると引っ張っちゃう。ロングパスのイメージで蹴りました。試合後、みんなから狙ってねえだろと言われましたが、狙ってなかったらニアのあそこに飛ぶわけがない。あの高さ、上隅は予想外でしたけどね。めっちゃいいところにいったなと」

――小林選手の場合、重要なゴールは意外と右足が多い。

「おれは右足でもガンガン振るんで。J1初ゴールも右足でしたね」

――4年なんて、本当にあっという間。気づいたら、もう来年ワールドカップですよ。

「そんなのみんな感じてますよ。当然、おれも」

――この時期には定着している予定だった?

「していたかったけど、いまさら言ったところでね。近頃は自分の心に呪文のように問いかけています。ヒーローは遅れてやってくるよな、と。これが最もおれを駆り立てるキーワード」

――出た、出た。

日本代表の大枠30人ではなく18人に入りたい

「刺さった言葉はノートに書き留めています。これを言うのは恥ずかしい」

――ほら、せっかくそこにノートがあるんだし、御開帳といきますか。

「いや、それは」

――あ、ダメだぞ。その態度は小林祐希じゃない。

「簡潔に説明する。長いから簡潔に」

――どうぞ。

「おれは常に成長したい。常に新しいことを採り入れながら、せわしなく、ずっと自分と戦ってきた」

――はい。

「それを一回やめよう。無理に進まない。いったん立ち止まるということをトレーニングしています」

――それ、わりと読者に伝わりづらいね。

「たとえば、壁にぶつかったときゴリゴリいくのではなく、止まってみる」

――少しわかった。止まることによって、見えてくるものがある。

「意識的に止まる」

――さらに一歩下がれば、見通しが変わることも。

「いままでは強引に乗り越えようとしたけれど、やり方はひとつじゃない」

――あらためて踏み出した一歩によって、これまでとは違う景色が拓ける。

「けっして焦らない。焦っても焦らなくても過ぎる時間は同じ」

――ちょっと君、僕の言っていることは合っているのかね。

「合ってる合ってる」

――そういうところなんだよ、小林祐希。

「とにかく、それをいま意識しています。たくさんの人から訊かれるんですよ。どこを伸ばせば代表に定着できる? 来季もっと成長するには? そういった質問には、何もしないことですかね、我慢です、と答えています。

 現在の自分の取り組みは、全部正解だと思っているから。トレーニングはしっかりやっている。試合にも出られている。ヘーレンフェーンはいいチーム。食事も気をつけている。生活も見直した。何ひとつ間違っていない。

 どれほど突進したところで、ハリルホジッチ監督におれの声は届かない。大事なのは、目に留まるようなプレーをしていくこと。魂を見せつけること。そして、あとはチャンスがくるのを待つだけ。そのためには心を落ち着けて、物事に対処しないと」

――バックアップメンバーに選ばれるということは、構想の大枠には入っている。

「いつも30人には入っていると聞いています。おれは18人に入りたい。だから、関係者にはそんな報告はいらないと言っています。いつでも呼ばれたらちゃんとプレーできるから、本決まりになったら伝えてほしいと」

「ナナさん(名波浩)の存在はとてつもなくデカい」

――ところで、東京ヴェルディユース時代から盟友、高木善朗が「人間がやわらかくなったような。トゲトゲしさみたいなものがなくなりましたね」と話していましたよ。

「人に対する接し方は変えましたね。だいぶやさしくなったと思う」

――稀代のツンツン野郎がどうしたことか。きっかけは?

「ナナさんに会ってからかな。あまり言いたくないんですが、自分にとってあの人の存在はとてつもなくデカいです。そのほか代表入って自覚を持ったり、世界で通用するにはプレーだけでは不充分だとわかったことも。

 実際、意識的に接し方を変えてみて、いいことがたくさんあったから。たとえば、オランダで取材を受けるとき、このおれがヘーレンフェーンの駅まで迎えに行き、お茶を出し、満足してもらって最後は駅まで送るんですよ。以前では考えられない」

――そうかな。昔から君はメディアの人間に対しての気遣いはありましたよ。ずいぶんと細かいところまで見ているなと感心したものです。

「もともと性格的には気を遣うほうで、ちゃんと表現できるかの問題。やっと大人になったんじゃないですかね。この年になって」

――一方で、丸くなったと言われるのは気に食わないのでは?

「丸くなりました?」

――僕の印象はあまり変わりませんが、トゲトゲしさがなくなったと丸くなったはほぼ同義語。

「何かあった場合はいつでも打って出る心構えはありますよ。見てのとおり、外見的な面も自分の好きなようにやっています」

――さて、もうすぐエールディビジ17‐18シーズンの開幕です。8月13日、ヘーレンフェーンはフローニンゲンとのダービーマッチ。CSのフジテレビNEXTに加入しなければ。

「向こうには、堂安律がいますね」

――おっと、そうでした。面識は?

「磐田時代、試合では対戦したことがありますが、しゃべったことはない」

――彼はなかなかのタマでしょ?

「堂安のプレースタイルは大好きです。ただ、ガンバ大阪やU‐20日本代表でやっていたようなプレーは難しいでしょうね。まず、ボールが来ない、リターンパスも返ってこない。プレーを制限され、サイドをやるなら内側に入っていけない。おれもそこはだいぶ苦労しましたから、うまく順応できるか」

――日本でも大注目の一戦になります。

「そうは言っても、おそらく堂安は出てくるはず。フローニンゲンはほかにもいい選手がたくさんいるので楽しみです。まあ、見ていてください」

(取材・文:海江田哲朗)

text by 海江田哲朗