DAZNが欧州5大リーグ制覇! 今季プレミア放映権の取得を発表 毎節5試合ライブ配信

写真拡大

日本で唯一、欧州5大リーグが観戦可能に

 2017年からJリーグの放映権を取得しているスポーツストリーミングサービス「DAZN」が、8月12日より開幕するイングランド・プレミアリーグも、毎節最大5試合のライブ中継を行うことが決まった。

 これまでDAZNではJリーグのほか、ドイツのブンデスリーガやイタリアのセリエA、スペインのリーガ・エスパニョーラ、フランスのリーグアン、スコットランドのプレミアシップ、ベルギーのジュピラープロなど欧州各国のリーグ戦を幅広く放送していた。

 しかし、イングランドはFAカップとリーグカップ、コミュニティーシールドのみの放送となっていたが、開幕が迫る2017-18シーズンからは日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティや、同DF吉田麻也の所属するサウサンプトンの試合を含む毎節最大5試合のライブ視聴が可能となった。

 これを受けてDAZNは、「この度、ドイツ、スペイン、イタリア、フランスの各国リーグ戦に、イングランドのプレミアリーグが加わることで、『DAZN』は欧州5大リーグが観戦可能な日本で唯一のサービスとなります」と発表している。

DAZNが発表したリリース全文

 DAZNによるリリースは以下の通り(原文ママ)。

 スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、世界最高峰と称されるイングランドのPremier League(以下、プレミアリーグ)を2017年8月12日(土)より、毎節最大5つの注目試合をライブにて放映いたします。

 「DAZN」は、欧州各国を中心に海外サッカーの放映に注力して参りました。この度、ドイツ、スペイン、イタリア、フランスの各国リーグ戦に、イングランドのプレミアリーグが加わることで、「DAZN」は欧州5大リーグが観戦可能な日本で唯一のサービスとなります。

 プレミアリーグは、欧州5大リーグの中でも最も人気があるリーグです。リーグの特徴は、攻守が速く切り替わり激しいプレーが多く、運動量とフィジカルに優れた選手が多く在籍していることがあげられます。また各クラブは豊富な資金を基にして各国から優秀な選手を集めており、多くのクラブで選手の多国籍化が進んでいます。

 プレミアリーグのクラブの中でも、サポーター数と実績で他クラブと一線を画すマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナル、チェルシーは「ビッグ4」とよばれ、毎シーズン優勝争いを繰り広げてきました。しかし、近年では岡崎慎司選手所属のレスターが並み居る強豪を抑え2015-16シーズンを制覇し、またマンチェスター・シティとトッテナムの躍進も目立ち「ビッグ6」と形容されるなど、「ビッグ4」の均衡は崩れ、優勝争いが更に熾烈化しています。

 最近ではプレミアリーグにおける日本人の活躍も著しく、昨シーズンは、サウサンプトンに所属する吉田麻也選手が安定したパフォーマンスを見せレギュラーポジションを確保し、レスターに所属する岡崎慎司選手もチームへの献身ぶりが評価されています。

 「DAZN」は、欧州各国を中心に海外サッカーの放映に注力して参りました。この度、2018-19シーズンからのUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップの放映権獲得に続き、プレミアリーグの放映が決定いたしました。マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーといったビッグクラブの試合や日本人選手所属クラブの試合を中心に、毎節最大5試合を放映いたします。欧州5大リーグの試合が観戦可能になり、「DAZN」のサッカーコンテンツが更に充実しました。今後もより多くの視聴者の方々にサッカーの魅力を伝えてまいります。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images