フランクフルト監督が長谷部に寄せる絶大な信頼 「全ての人にとって模範的な人物」

写真拡大

完全復活を目指す長谷部の重要性を語るコバチ監督 「チームに安心をもたらしてくれる」

 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠は、ニコ・コバチ監督率いるチームにおいては必要不可欠な選手として絶大な信頼を獲得している。

 ドイツ地元紙「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」が報じた。

 フランクフルトではチームキャプテンで34歳と最年長のMFアレクサンダー・マイヤーの病欠が続いていることもあり、33歳の長谷部にはチームを牽引する役割が期待されている。長谷部は昨季手術した膝の負傷からの完全復活を目指している状況だが、「僕の経験をチームに供給したい」と語っている。

 そして、その経験に最も信頼を寄せているのが、チームを率いるコバチ監督だ。昨季、リベロとして才能を開花させた長谷部に「ローター・マテウスを思い起こさせる」と賛辞を送ったクロアチア人指揮官は、改めてその重要性をこう語っている。

「彼は全ての若い選手、全ての人にとって模範的な人物だ。どんな監督でもチームにマコトがいたらハッピーだろうね。彼はチームに安心をもたらしてくれる」

 長谷部にはピッチ上でのパフォーマンスに加え、ピッチ内外で若手選手の手本となることも求められているようだ。日本代表のキャプテンを務める男は、フランクフルトでもチームの大黒柱として認められているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images