友人や、仕事仲間との楽しい飲み会。お酒が入ることで会話が弾み、賑やかな時間はあっという間にすぎていきます。

漫画家の横山了一(@yokoyama_bancho)さんもこの日、お酒を飲んでいい気分で帰宅しました。

しかし、布団に入って「あること」に気付いて悶絶します…!!

お酒が飲めない人は、会費をもっと少なくするべきだった…!

「こういうことを気付けるようになりたい」とつづった、横山さん。

横山さんは配慮ができなかったことを後悔しているようです。ですが、このTwitterの投稿には、「お酒が飲めない人」から温かなコメントが届いています。

私はお酒が苦手ですが、会費は同じでよいと思います。「場を楽しむ」ための費用ですから。飲まない分、たくさん食べるようにしています!飲めないし、小食なのですが、会費が同額なのはそんなに気になりません。でも、「飲んでないから少なくていいよ」という配慮をしてもらえる時はとっても嬉しいです。極端にたくさん飲む人がいる時には、飲み放題にしてくれるとありがたい。飲んでも飲まなくても同額なので。

ただ、「会社などで強制的に参加させられる」ような飲み会の場合は、同額を払うことに抵抗がある…という意見が見られました。

飲む人がいる会に、進んで自分から参加する場合は「気にしないですよ」という意見が大半のようです。ただ、気遣いをしてもらって、嬉しくないはずがありません。

参加者全員が「楽しかったな」という気持ちで帰れるような配慮ができると素敵ですね。

横山了一さんの『戦国コミケ』がついに書籍に!

コミケの達人を描いた、大人気の『戦国コミケ』が単行本になります!!

[文・構成/grape編集部]