『スパイダーマン:ホームカミング』トム・ホランド&ジョン・ワッツ

写真拡大

アイアンマンとの競演で2017年最大の話題作となっている『スパイダーマン:ホームカミング』の公開が8月11日(金・祝)と間近に迫ってきている。それに先駆け、7日(月)新宿シネシティ広場にて本作のジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが行われ、主人公ピーター・パーカーを演じたトム・ホランドと、監督のジョン・ワッツが登壇した。

イベントが始まって司会者の前説が終わり、いよいよ二人の登場かと思いきや、レッドカーペットに登場したのは、赤と青で彩られたお神輿の上でポーズを決めるスパイダーマンの姿!鳴り響く本作のテーマ曲と生演奏の和太鼓の音に合わせて、会場中を練り歩いた。そして、ファンのボルテージが一気に上昇した中でトムとワッツ監督がステージに登場。この日本の夏ならではの演出についてトムは「世界で一番格好良かった!ありがとう!」と、歓声を上げるファンに手を振って応えていた。

初来日となった二人だが、日本の印象を聞かれたトムは「まだ2日しかいないんだけど、本当に大好き。美味しいご飯も食べたし、親切で優しい人にも会えて、歓迎されているのを感じるよ」と返答。「ここに住みたいですね」とコメントしたワッツ監督に、「僕も!」とすかさず同調していた。

スパイダーマン役を獲得するため、マーベルへの自己PR動画で宙返りをしながら自己紹介をしたトムだが、「僕は、スパイダーマンになりたいって憧れていたロンドンに住む小さな子どもだったんだ。そんな僕が、今こうやってスパイダーマンの宣伝をしていることは、夢のようだよ」と役を射止めた喜びを表現。ワッツ監督も「いまだに自分が新しいスパイダーマンの監督になったことが信じられないです。手前味噌だけど、トム・ホランドは史上最高のスパイダーマンだと思います。皆もそう思いますよね?」と、ファンを一層盛り上げた。

この他にも、ファンの間での呼び名"トムホ"の呼び声に対し、「トムホ?いいね、すごくいい気分!」と笑顔を見せたり、プレゼントのはっぴを着て和太鼓を叩くなどのファンサービスも行われた。イベントの様子は当サイトのフォトギャラリーにも掲載されているのでお見逃しなく!

『スパイダーマン:ホームカミング』8月11日(金・祝)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)