井上真央、1年9カ月ぶりのドラマ復帰に浮上した頭の痛い問題!?

写真拡大

 2年近くも表舞台から遠ざかっていた女優の井上真央が、10月期のドラマで久しぶりの復帰を果たすという。8月3日発売の「週刊文春」がフジテレビ系ドラマへの出演をスクープしたもの。

「事務所移籍などで長らくテレビドラマから遠ざかっていた井上ですが、10月スタートの『あしたの約束(仮)』で、約1年9カ月ぶりに復帰するようです。同ドラマは息子を自死で失った親が学校や教師の責任を追及。相手を崩壊寸前まで追い込むも、実際に子供を死に追いやったのは母親の狂気だったという実話をベースにしたオリジナル作品です」(テレビ誌記者)

 井上は主演の女教師役を務め、母親役には現在、仲間由紀恵にオファーを出しているという。もし井上と仲間の共演が実現すれば大きな話題を集めそうだ。

 ところが井上の復帰ドラマに関して、フジテレビが頭を悩ませていることがあるというのだ。

「新作ドラマの宣伝のために、様々な番組に出演者を登場させるのは常道。しかし井上は嵐・松本潤との交際が噂されていることから、番宣向きのバラエティ番組『VS嵐』に出演しないのではないかとみられているのです。現在、高視聴率をキープしている『コード・ブルー』の出演者は、同番組にて抜群のチームワークの良さを見せつけ多大な宣伝効果をもたらした。それだけに、井上と松本の共演NGはフジにとって痛手と言えるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 ともあれ、久しぶりの井上の名演に期待したい。