グランプリを受賞しトロフィーを持つ井本彩花さん(撮影・柴田隆二)

写真拡大

 TOKIOの国分太一(42)が、オスカープロモーション主催のオーディション「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝いた京都府出身の中学2年、井本彩花さん(13)について「伸びしろある」と絶賛した。

 井本さんは9日放送のTBS系「ビビット」にVTR出演。MCの国分に向けて「太一さん、おはようございます。井本彩花、13歳中学2年生の京都府出身です。これからもよろしくお願いします。スタジオに遊びに行きたいでーす」とあいさつすると、国分はその初々しい姿に「いつでもおいでー。毎日お話ししよ。いやぁ、かわいいですね」と顔をほころばせた。また、井本さんがコンテストで見せた演技に「伸びしろあるな〜」と語った。

 同コンテストでゲスト審査員を務めた女優の真矢ミキは井本さんの印象について「ホントに果実のようなんですよ、あまりにフレッシュで、人じゃないみたいな透明感」と語った。