TBS系、火曜10時から放送中のドラマ『カンナさーん!』が、逃げ恥を上回る勢いで人気が出ている模様♡ 渡辺直美さん演じるカンナは、夫(要潤さん)にゲス不倫されて離婚を決意しますが、それでも前向きに生きようと奮闘します。

【公式】カンナさーん!さん(@kannasaaan_tbs)がシェアした投稿 - 2017 6月 21 9:14午後 PDT


そんなカンナの生き方を見習えば、たとえ失恋をしたとしても前向きになれるかも! そこで、ぜひとも参考にしたいカンナさんの生き方をご紹介します♡ 

1. 誰かのせいにしない

 
自分に辛いことがあったときは、ついつい他人のせいにしがち。しかし、誰かのせいにして楽になったとしても、気が紛れるのは一瞬で、自分自身が変わらない限りは根本から問題は解決しないものです。

「自分にできることは何か?」を考える
カンナは、夫に不倫されてしまうという100%相手が悪いような場面でも、自分にも多少の非があることを認め「もう一度相手を振り向かせよう」と努力します。これは、姑(斉藤由貴さん)に「カンナも完璧な妻ではない」と言われて何も言えなかったことが原因かもしれません。
ですが、カンナのように起きてしまったことは仕方ないと考え、事態が良くなるにはどうすればいいか、他人のせいにするだけでなく「自分ができることをしよう!」と考えられるといいですね!

2. 我慢はしない

 


麗音(川原瑛都くん)という一人息子の幸せのためには、まず自分がハッピーでいることが一番大切だ、と考えているカンナ。息子のために離婚をしない道を選ぶこともできたはずですが、浮気相手のことを「浮気じゃなくて本気だ」と答えた夫と一緒に居るのはあまりにも辛く、自分がハッピーではいられなくなると考え離婚を決意します。

自分の幸せを最優先に!
子どものため、というと少しピンとこないかもしれませんが、誰しも「見栄」「体裁」を意識するあまり、自分を犠牲にすることもあるでしょう。本当は辛いことなのに、自らその道を選んでしまうこともあるかもしれません。
しかし、それでは自分も本当の幸せにはなれませんし、一緒に居る周りの人も、辛い思いをしているあなたを見たくはないはずです。まずは自分がハッピーになること。それを第一優先として、いろんな選択をしていきたいものです。

3. 笑顔を忘れない


「辛いときこそ笑い飛ばす」。これはカンナの信条ですが、現実はなかなか難しいことでもあります。第2話で、カンナは子育てと仕事でギリギリな生活をしていましたが、そんな中、会社の後輩がミスをしてしまいます。みんなで乗り越えようと声かけをしたり踊ったり笑わせたり……、自分だけでなく、周りも笑顔でいられるように努められるのがカンナの素晴らしい部分です。

自分が笑顔でいるためにはどうする?
他人を笑顔にさせることが不得意な人もいると思います。カンナのように振る舞うのはかなりハードルが高いものですが、自分が笑顔でいるように心がけることはきっとできないことではないはず。笑顔は自然と連鎖していくものです。自分が笑顔でいられるような方法を探すことが出来れば、いつか周りも巻き込んで、幸せの方向に向かっていけるでしょう♡

4. やりたいことに没頭する



辛いことがあった場合、別の何かに没頭することも前向きに生きるための手段であります。カンナの場合は、大好きな洋服の仕事を手を抜かずにやること。それが、前に進むための原動力となっていました。

まず、没頭できることを探してみる
カンナの場合は、もともと自分がやりたいことを仕事にしていたのですが、そもそも「仕事=やりたいこと」ではないという人も多いでしょう。なので、没頭することは仕事でなくても構いません。趣味など「楽しんでできること」を積極的に探し、辛いことなんて吹き飛ぶくらいに楽しむ。「うれしい」「たのしい」そんな経験をたくさんできるように、自ら進んで行動しましょう!

5. 自分は一人だと思わない

 
「子どもは一人で育てる」……そう啖呵を切ったカンナ。ですが、本当に困ったときは“プライド”を簡単に捨て、問題を解決するために夫や姑に助けを求めることができる勇気を持っています。また、職場で後輩がミスをしたときも、自分のフォロワーに協力してもらうなど、誰かに“HELP”をきちんと出せるのが、カンナのいいところなのです。

プライドを捨てることも勇気


自分が辛いとき、困っているとき、自分の中だけで悩んで「自分は一人だ」などと考えてしまうこともありますよね。しかし、誰にも理解されないだろうと思い込んでしまっては、どんどん問題解決から遠ざかってしまうこともあるのです。
また、「助けてほしい」と伝えることは、自分の弱みを見せてしまうことでもあるので、どうしてもプライドが邪魔してしまうかもしれません。しかし、そんなプライドを捨てる勇気もときには必要。一人では解決できない壁にぶち当たったら、きちんと助けを求めましょう。おんぶに抱っこになれということではなく、「助け合いの精神」が大事なので、助けてもらった人にはきちんと自分も恩返しを忘れずに!

カンナの一生懸命な姿に元気をもらえる、ドラマ『カンナさーん!』。内容だけでなくカンナのファッションにも注目な、見所たっぷりのドラマが今後も楽しみですね♪
(彩香)