展覧会メインビジュアル(座間味島、沖縄県)

2017年8月9日(水)から8月21日(月)まで、松屋銀座 8Fのイベントスクエアにて、中村征夫氏の写真展「永遠の海」が開催される。中村氏は、半世紀以上にわたり海の撮影を続けている水中写真家。本展では、パラオと沖縄の最新作を中心に、世界の海を旅して撮影した中から約120点の写真が展示される。時間は10:00〜20:00(最終日は17:00閉場 / 入場は閉場30分前まで)で、当日券での入場料は一般800円 / 高校生600円 / 小・中学生400円。

1945年秋田県潟上市生まれの中村征夫氏は、19歳のときに神奈川県真鶴岬で水中写真を独学で始めた。31歳でフリーランスとなり、木村伊兵衛写真賞や土門拳賞、日本写真協会年度賞など受賞多数。報道の経験を生かして、社会性のあるテーマにも取り組み、さまざまなメディアで海の魅力や海をめぐる人々の営みを伝えている。

本展では、透明度の高いミクロネシア、世界に誇る沖縄のサンゴ、震災からよみがえる三陸海岸の海、鮮やかな紅海など、撮り下ろしや未発表の作品も数多く紹介。“特にじっくり見てほしい作品”としては、「三陸のキタムラサキウニ、エゾヒトデの産卵行動」や「深海―水深1,300mの生命」などが挙げられている。
(c) 中村征夫(IKUO NAKAMURA)


サイパン


気仙沼、宮城県


紅海、エジプト

■期間:
2017年8月9日(水)〜8月21日(月)

■開催場所:
松屋銀座 8F イベントスクエア
東京都中央区銀座3-6-1

■問い合わせ先:
松屋銀座
tel. 03-3567-1211(大代表)
url. http://www.matsuya.com/m_ginza/