オリエンタルラジオ中田敦彦

写真拡大

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が9日、TBS系「ビビット」で、この日発売の週刊文春で不倫疑惑が報じられた雨上がり決死隊・宮迫博之の記者の直撃取材の映像を見て「一言一句ミスれない緊張感を感じた」と感想を語った。

 番組では、この日発売の週刊文春で2人の女性との不倫疑惑が報じられた宮迫について特集。文春が宮迫に直撃した際の映像も放送、その際、不倫に対して「オフホワイトです」と答えたことも紹介された。

 一連のVTRを見た中田は「ホワイトかオフホワイトかっていう質問は記者から聞かれて結果的に言わされている感じ」とコメント。「宮迫さんとしては、文春さんは小分けに出していく雑誌なので、ここで完全にホワイトと言ってしまったら違う証拠を出されたときにそこを攻められてしまう」と、これまでの“文春砲”の威力を知っているからこその「オフホワイト」発言だったと指摘した。

 だからこそ「記者の直撃を見て、一言一句ミスれないという緊張感を感じた」と、宮迫の対応に緊迫感を覚えたと語った。

 宮迫は不倫を否定しているが「もしこれ(不倫)が本当だとしたら、オフホワイトの濁った部分が黒いのだとしたら、笑いで済ませた過去もあるかも知れないけど、笑いで済ませられる時代でもないし、笑いで済ませるレベルでもない。もしホワイトならそれをしっかり説明する義務が、闘病を支えた奥さんに対してもあるのかなと思う」と、胃がん闘病を支えた妻のためにも説明責任を果たすべきと訴えていた。