タクシー代わりの自転車という選択。自転車シェアリングサービスは結構使える

写真拡大

欧米諸国や中国で急速に普及中のシェアリングサービス。日本もその波に乗り、数多のサービスが続々とスタートしている。それらのお得な使い方を徹底研究し、紹介していく!

◆タクシー代わりの自転車という選択

 移動系のシェアリングサービスといえばクルマだが、自転車の存在も見逃せない。最近、中国の大手自転車シェアリングサービス「モバイク」の日本進出が話題になったが、日本でも便利な自転車のシェアリングサービスはすでに開始されている。

 例えば、ちょっとした移動なら30分150円から使うことができる「ドコモ・バイクシェア」が役立つだろう。“直線距離は短いが電車の乗り換えはめんどくさい”というシーンにピッタリ。都内を中心に、大阪や沖縄などの地方でも展開中。

 中〜長距離の移動やサイクリングには「COGICOGI」が向いているだろう。12時間2100円から利用でき、時間内であれば何度でも利用可能。現在は、都内と福岡市で利用することができる。

 いずれも解錠と返却はスマホやウェブ上から手軽に行うことができる。加えて、電動アシスト付きなので乗り心地も抜群。雨さえ降っていなければ、電車やバスと並ぶ便利でお得な移動手段の一つとして活躍してくれること間違いなしだ。

<ライドシェアサービス徹底比較!>

●ドコモ・バイクシェア スマートシェアリング
ポート数:180
料金:30分150円
予約方法:ポート数も多く使い勝手は◎。車体に広告アリ

●COGICOGI
ポート数:22
料金:12時間2100円
予約方法:12・24・48時間の3プラン。車体はオシャレ

― 得する[シェアリングサービス]最強ガイド ―