朝日新聞の社説(8月4日付)。見出しは「内閣改造 強権と隠蔽の体質正せ」。

写真拡大

安倍晋三首相の内閣改造に対し、新聞各紙は8月4日付けの朝刊社説で一斉に論評した。そのなかで朝日新聞だけが、他紙の半分、いわゆる“半本社説”と短かった。“安倍嫌い”な朝日ゆえの嫌味なのだろうか。一方、他紙の社説は物足りない。もっと安倍政権に注文を付けてもいいのではないか。ジャーナリストの沙鴎一歩氏が問う――。

■政権失速の最大の原因は「首相」

朝日社説は「安倍首相が内閣改造と自民党役員人事を行った」と書き出し、「麻生副総理・財務相、菅官房長官、二階幹事長を留任させる一方、政権に距離を置く野田聖子氏を総務相にあてるなど、『お友だち』に甘いという批判を意識し、刷新イメージを打ち出す狙いがあるようだ」と推測する。

確かに今回の内閣改造は「お友達内閣」という批判をかわすのが大きな目的だろう。

続けて朝日社説は「とはいえ、忘れてならないのは、政権失速の最大の原因がほかならぬ首相にあるということだ」と言い切る。

そのうえで「朝日新聞の7月の世論調査では、首相の最近の発言や振るまいについて61%が『信用できない』と答えた」と書く。

自社の世論調査を持ち出すところは、少々手前味噌かもしれないが、そこは天下の朝日新聞である。具体例を挙げてこう批判する。

「辞任した稲田元防衛相を国会の閉会中審査に出席させようとしない姿勢は、身内に甘く、都合の悪い情報を隠そうとする政権の体質がまったく変わっていない現実を露呈している」

そして「政権の強権姿勢と隠蔽体質を正せるかどうか。改造内閣が問われるのはそこである」と問題点を突くのである。沙鴎一歩はどの新聞にもくみしないが、朝日ファンならここで拍手喝采だろう。

具体例を挙げた批判はさらに続く。

「身内への甘さの裏側にあるのが、自らに批判的な人々を敵視する姿勢だ。東京都議選の最終日、『辞めろ』コールをする聴衆に向かい、首相が『こんな人たちに負けるわけにはいかない』と声を張り上げたのはその典型である」

発言を蒸し返されて、安倍首相は耳が痛いに違いない。

■内閣改造を他紙の半分にする「嫌味」

内閣改造にともなう人事にはこう言及している。

「だが、その(「共謀罪」法の)指揮をとった松山政司・参院国対委員長を1億総活躍相に、稲田氏の国会招致を拒んだ竹下亘・衆院国対委員長を総務会長に就けた。首相は記者会見で反省を口にし、頭を下げたが、真意を疑わせる人事だ」

次に朝日社説は「憲法に基づく要求」として臨時国会の開催を強く求める。

「臨時国会では一連の問題について関連文書の調査を尽くし、すべて公開するとともに、関係者に出席を求め、事実を包み隠さず明らかにする必要がある」

そして「このまま説明責任を果たさないなら『疑惑隠し』の改造と言うしかない」という強い調子で批判を重ね、駄目押しで「自らが深く傷つけた政治全体への信頼を取り戻す一歩を踏み出すことができるか。問われているのは首相自身である」と締め括っている。

さすが“安倍嫌い”な朝日である。他の各紙が通常の倍の1本の大きな社説を掲載するなか、朝日が半本社説にしたのは安倍政権に対する嫌味なのかもしれない。

■「堅実な布陣」と評価する読売新聞

朝日社説以外の全国紙は、いずれも大きな1本社説で内閣改造を書いている。だがいずれの社説も総花的である。はっきりいって面白くない。

たとえば読売新聞の社説。「『経済優先』で原点回帰せよ」との主見出しを掲げ、こう書き出す。

「かつてない逆風の中での再出発である。『人心一新』によって、国民の不信感を払拭(ふっしょく)するという安易な期待は禁物だ」

「様々な政策を前に進めて着実に結果を出す。それが信頼回復を図る唯一の道である」

「第3次安倍・第3次改造内閣が発足した。麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官ら5閣僚が留任し、内閣の骨格は維持した」

「即戦力の閣僚経験者7人を再入閣させる一方、初入閣は6人にとどめ、堅実な布陣としたのは妥当だ。政策面で成果を上げるには、政権基盤の安定が前提となる」

「逆風の中での再出発」や「安易な期待は禁物」は問題ないだろう。だが、「堅実な布陣としたのは妥当だ」と評価するところなどは、「このまま説明責任を果たさないなら『疑惑隠し』の改造と言うしかない」と批判する朝日社説と対照的である。「保守の読売」対「革新の朝日」という旧来の構図そのままだ。

■最大のサプライズは「河野外相」のはず

さらに読売社説は「安倍首相は記者会見で『最優先すべきは経済の再生だ。アベノミクスを加速させたい』と強調した。新内閣について『結果本位の仕事人内閣だ』とも語った」と書いたうえで、こう安倍内閣の方針を評価する。

「経済政策を最優先する首相の方針は当然だ。2012年12月の第2次安倍政権の発足時に掲げた『デフレ脱却』は依然、道半ばにある。景気は緩やかに回復しているものの、安定した成長軌道には至っていない」

アベノミクスの行き詰まりが指摘されて久しい。それにもかかわらず、「アベノミクスを加速させたい」と主張する安倍首相を褒めたたえるのはいかがなものか。だから「読売は安倍政権を擁護する新聞だ」と非難されるのである。

改造内閣での最大のポイントは、河野太郎氏の外相起用である。それは何よりのサプライズだった。少なくとも沙鴎一歩はそう受け止めた。河野氏は、元衆院議長でハト派の代表格といわれる河野洋平氏の長男だ。洋平氏と安倍首相とは政治信条が大きく違う。

しかし読売社説は「外相には、河野太郎・前国家公安委員長が起用された。途上国援助の削減が持論で、外交手腕は未知数だ。6日からの東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議で早速、真価が試されよう」と書いただけだった。

■北朝鮮好きな産経は「敵基地攻撃能力」を主張

読売と同じ保守系の産経新聞の社説は、「北の脅威から国民を守り抜け」とのサブ見出しを付けて次のように論を展開する。

「喫緊の課題として、安倍政権がさらに力を入れるべきは、北朝鮮にいかに対処するかである」

「核開発を進め、大陸間弾道ミサイル(ICBM)などを日本の排他的経済水域(EEZ)へ撃ち込んでくる。脅威の度合いは格段に増している。戦後最大級の国難に直面していることを自覚しなければならない。日本に対する軍事攻撃さえ懸念すべき状況にある。防衛相経験者の小野寺五典氏を再び起用したのは妥当だろう」

北朝鮮問題が最大の課題ということには沙鴎一歩も賛成である。だたし「小野寺五典氏を再び起用したのは妥当」とまで評価できるだろうか。少しばかり論がゆがんでいないだろうか。

「具体的に何をすべきか。それは防衛体制の抜本的強化にほかならない。弾薬の備蓄増は自衛隊の抑止力を高める。これまでも合憲とされながら見送られてきた敵基地攻撃能力の保有を決断し、整備を急ぐ必要もある」

「敵基地攻撃能力の保有」とまで主張するところなどは、“右翼新聞”とまでいわれる産経らしいと指摘されても仕方がないだろう。

■「圧力」で核・ミサイル戦力を放棄させられるか?

「河野太郎外相は『国民の平和、安全を守る』と語った。ならば国際社会とともに最大限の圧力を北朝鮮にかけ、核・ミサイル戦力を放棄させなければならない」

北朝鮮は「最大限の圧力」によって核・ミサイルの開発を中止するような国ではない。産経もそのことは承知のはず。それなのにここで「最大限の圧力」を持ち出すのは、読者を欺いている。

最後にひと言。朝日社説も含め、全国紙の社説はどれも、今後の政治の最大の焦点になる政界再編成について触れていない。安倍改造内閣の発足からわずか4日後の8月7日には、小池百合子都知事に近い衆院議員が「日本ファーストの会」の設立を発表している。それなのに改造内閣の社説では政界再編を示唆する言及がなかった。読者は不満をもっているはずだ。猛省をうながしたい。

(ジャーナリスト 沙鴎 一歩)