画像

写真拡大 (全2枚)

 サイバーエージェントの「Ameba」の動画広告に新機能「インバナーサーベイ」が追加された。これにより広告主は、広告接触および非接触でブランディング効果はどう違うのか検証することができる。

 サイバーエージェントは、同社運営の「Ameba」の動画広告において、独自にブランドリフト効果を調査する「インバナーサーベイ」機能の提供を開始した。

 「Ameba」では、アプリトップ面やブログ記事面のファーストビューに掲載される動画広告やフィードに表示される運用型の動画広告など、その目的や属性に合わせた商品を提供している。新機能では、対象とする広告に接触したユーザーと広告に接触しなかったユーザーそれぞれにアンケート調査を実施し、その差異を計測することで、動画広告におけるブランディング効果を可視化することが可能となる。

 さらに今後、広告主があらかじめ設定したブランドリフト指標において、リフトアップ幅が高い傾向にあったユーザーに類似している層に配信する最適化機能の提供も予定している。

MarkeZine編集部[著]