静寂が漂う日本庭園。海外観光客にも人気だ(Pixabay)

写真拡大 (全2枚)

 静寂の中に独特の景観を織りなす日本庭園。禅の思想が凝縮されたその美しい空間が、アルツハイマー患者を落ち着かせるという報告がある。ナショナル・ジオグラフィック・ボイスが伝えた。

 研究を進めているのは、米ラトガース大学で造景学を研究する五島聖子教授(Seiko Goto)と、細胞生物学および神経科学の専門家カール・ハロップ教授(Karl Herrup)。

 彼らは、ニュージャージー州の老人ホームにある32種類の庭園のうち、どれが好きかと老人たちに尋ねた。日本庭園の人気が高く、また庭園を眺めた老人たちの心拍数が低下したことから、アルツハイマー患者に対する効果についての調査が始まった。

(Pixabay)

 科学者らは、別の老人ホームのユニットの一角に、小さな日本庭園を製作。アルツハイマー患者たちを招き、一週間に2回、15分程度その庭園を眺めてもらった。被験者となったのは、自分が誰なのかも分からないような重度の認知症を患う人たちだ。

 すると、症状が悪化して奇声を発していた患者でも、庭を眺めると、とたんに落ち着きを取り戻すという現象が見られた。患者たちは笑顔を浮かべて、その日はずっと落ち着いていたのだ。五島教授によると、ある医師は、「薬は効き目が出るまでに時間がかかり、患者をぐったりさせてしまうので、庭園を見せた方が効果的だ」と話したという。

スズムシの記憶

 ハロップ教授は、あるアルツハイマーの患者に現れた変化が非常に強く印象に残っていると話す。

 それは、アルツハイマー患者たちが日本庭園を眺めていた時のこと。菊の花からスズムシの鳴き声が聞こえていた。10日後、患者たちが同じ庭園を訪れると、4人のうち2人が「スズムシはどこ?」と聞いてきたという。

 この2人の患者は、庭園とスズムシの記憶をつなぐことができ、10日間もその記憶を保持していたのだ。ハロップ教授はその時、感動して「鳥肌が立った」と話している。

 認知症を患う人がますます増えている昨今、同研究がさらに進められることを期待したい。

(文・郭丹丹)