松坂桃李が主演する映画『不能犯』のティザーポスター&特報が公開された (C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会

写真拡大

 俳優の松坂桃李が主演する映画『不能犯』(白石晃士監督)の公開日が2018年2月1日に決定し、併せてティザーポスターと特報が解禁された。

【動画】『不能犯』特報映像

 都会で次々と変死事件が起きていた。警察が証拠を一切見つけられないなか、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の“電話ボックスの男”宇相吹正(うそぶき ただし)。電話ボックスに殺人依頼をすると、宇相吹が神出鬼没で現れ、ターゲットを殺すという…。

 同作は、『ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-』などでも知られる神崎裕也氏が作画、原作を宮月新氏が担当し、『グランドジャンプ』で連載中の同名漫画を実写化。目で人を死に導く主人公・宇相吹を松坂、宇相吹が唯一コントロールできない、正義感あふれる女刑事・多田を沢尻エリカが演じるほか、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍らが出演する。

 特報では、「愚かだね、人間は―」というドS発言と共に、ニヤリと不気味な笑顔を浮かべる宇相吹が登場。「視線一つで、すべての人間を死に導く男」というコピーと共に、宇相吹に翻弄・死に導かれる人々の姿が映し出され、そんな危険な男を追う多田の葛藤も描かれる。