グランプリを受賞しトロフィーを持つ井本彩花さん(撮影・柴田隆二)

写真拡大

 オスカープロモーション主催のオーディション「第15回全日本国民的美少女コンテスト」が8日、都内で行われ、京都府出身の中学2年、井本彩花さん(13)がグランプリに輝いた。女優志望で、憧れは武井咲(23)。ステージで名前を呼ばれると手で顔を覆って涙した。審査員特別賞など各賞8人も発表された。

 井本さんは、審査員も務めた第6回グランプリの佐藤藍子(39)に名前を呼ばれると目を潤ませた。それでも同コンテスト出身の上戸彩(31)からたすきを掛けられ笑顔になった。「こんな私がグランプリとは思わなかった。とてもびっくり。うれしいです」。

 スリムな体形で、特技は「自分をありのままに表現できることが魅力」と小学1年から7年間続けているクラシックバレエ。友人から「抜けてるね」「天然」と言われるという性格の持ち主だが、「自分ではどこが天然なのか、分かってない」と首をかしげる。それでもグランプリ発表後、京都弁の披露をリクエストされると「私が本当に優勝できるとは思わなくて、本当にうれしかったです。ありがとう」と標準語で話すなど天然ボケは健在。オーディションでは苦手な歌も披露したが「へたで音程も外れてもいいけど、自分らしさを出して頑張りました」と気にする様子も見せず、度胸の良さも感じさせた。

 今後は主催のオスカープロに所属。同プロは「25歳まで恋愛禁止」のルールがあるとされるが、「好きな人も気になっている人もいないので、気にしていません。25歳までは恋愛しません」と言い切った。

 今回は30周年記念大会。応募総数は8万150人。グランプリ賞金は200万円から300万円に増額され同社製作の記念映画主演も約束されている。井本さんは母親の勧めで応募したこともあり「賞金は全部お母さんに渡します」。目標は「武井咲さんのような女優になること」という。

 グランプリのほか、審査員特別賞など6部門8人の受賞が発表された。同プロ関係者は井本さんの受賞について「拮抗(きっこう)していました。日本女性の正統性の美を再認識するコンセプトに従って選考した結果です」と話した。【松尾幸之介】

 ◆井本彩花(いもと・あやか)2003年(平15)10月23日、京都府生まれ。小学1年でクラシックバレエを始め、小学5年時に県内の児童が出場するコンクールで京都市長賞。憧れのバレリーナは吉田都と中村祥子。得意科目は数学で苦手科目は体育と美術。162センチ。血液型A。