ムロもCMで妖精に?

写真拡大

 CMは時代を反映しているとよく言われるが、最近も時代を反映してかある傾向のCMが増えている。それは、イケメンの俳優たちがその商品になりきったり、執事になったりして女性に語りかけるというものだ。それらを「男妖精CM」と呼ぶコラムニストのペリー荻野さんが、増加の背景について分析する。

 * * *
 最近、「そこにいるわけがない男」が女性たちに語りかける「男妖精CM」が増えている。その代表が、メナードの新薬用ビューネ、竹内涼真の「ビューネくん」だ。興味深いのは、1999年に登場した初代ビューネくんの藤木直人が「バカだな、オレがいるよ」とちょっと上から男系だったのが、2代目押尾学、3代目松田翔太を経て、4代目の竹内ビューネくんには、4つのパターンがあること。

 たとえば「大人ビューネくん」は、暗い部屋にひとり戻り、むっつりしたままシャワーを浴びた女性の前にすっと現れ、タオルで髪をふきふきしながら、じっと彼女を見つめる。そして語りかけるのだ。「なんか、あった?でも、肌の調子はいい感じ」。何と優しい!

 また「理系ビューネくん」は、友人カップルのお祝い帰りの彼女の状況を次々と分析。祝いの品が「お皿の確立95%」なんてことも予想する。この他、元気のいいエールをくれる「熱血ビューネくん」、じっと見つめて話を聞いてくれる「うなずきビューネくん」もいる。…男妖精のニーズも細分化してきているのである。

 もうひとり、妖精度をアピールしているのが、グリコの「カフェオーレ執事」こと千葉雄大だ。ドラマ『家売るオンナ』で王子と呼ばれるほど住宅購入希望の女性たちに大人気の営業マンを演じた千葉は、このCMでは、茶色の執事の姿でにっこり。

 その手の上には、スーツの上着を脱いでバッグを横に置き、ソファに腰かけたミニチュアサイズの女性が。そこで千葉は、「ひとゆるみしない? カフェオーレでごゆっくり」とお薦めする。女性はその言葉通り、カフェオーレを一口飲んで、ほーっとした表情に。千葉がカメラに向けてバッチリ妖精目線なのも面白い。

 また、個性派では、ムロツヨシのマンガアプリ『ピッコマ』CM。黄色い眼鏡をかけたムロは、ピッコマの化身として、自宅でスマホ片手にマンガを読む女性の横で、マンガを朗読する。恋愛マンガでドキドキさせたり、恐怖マンガでハラハラさせたり。ムロらしいリアルかつ盛り上げ型の演技が見物だ。

 男妖精CMの特長は、主役である女性たちをどこまでも楽しませたり、励ましたり、癒したりすること。本来、女性ターゲットの商品は、女性のイメージキャラクターが「私も使ってます」と共感を喚起するものが多いが、その場合、キャラクターのイメージが強すぎて、「あのタレントは嫌い」となると、かえって逆効果ということもありうる。その点、立場が異なる妖精ならば、共感のゴリ押しもなく、受け入れられやすい。

 思えば、嵐の松本潤と相葉雅紀出演の「ジュレーム」のCMも締めくくりは「ジュレーム!!」と叫ぶのが定番。あれを女性キャラがやったら、イメージは全然違うものになっていたはず。

「ゆうちょ」ではゆうちょの化身、ゆうちゃんこと本木雅弘、「アフラック」では2万年生きた男加藤諒なども妖精度が高い。ナイスな男妖精たちが、そっといいモノを薦めてくれたら、それが心地よい。モノと情報があふれる今、この傾向はまだまだ続きそうだ。「男性タレントは妖精になったら一人前」そんな時代もくるかもしれない。