映画に歌に大忙し(アリ・プロダクション提供)

写真拡大

〈私、清水富美加幸福の科学という宗教に出家しました〉──衝撃の“出家騒動”で芸能界を揺るがした清水富美加は、2月12日に直筆の文書で〈お仕事の内容に、心が追いつかない部分があり、しっかりとした生活を送れず、毎日がギリギリの状態でした〉と告白し、レギュラー番組や映画の収録も放り出した形で「千眼美子」に名前を変えた。

 直後の2月17日には、所属事務所との確執などを暴露した『全部、言っちゃうね。』(幸福の科学出版)を発売。5月には前所属事務所との契約が終了し、晴れて幸福の科学が立ち上げた新事務所「アリ・プロダクション」に所属となった。

 そんな清水が8月2日、東京ドームで行なわれた大川隆法総裁の特別大講演会「人類の選択」で、約7か月ぶりに公に姿を現わした。トップバッターで登場した清水は、来年公開の映画『さらば青春、されど青春。』の主題歌「眠れぬ夜を超えて」を披露し「これからは皆さまとともに、一歩一歩を進めて参りたいと思います」と挨拶した。

 清水に改めて出家後の心境について取材を申し込むと、「(イベント準備で)時間がまったく取れない」として、代わりに新事務所の広報担当者が答えた。

「イベントで披露した主題歌は、約1か月半にわたり、ボイストレーナーの方から週3〜4回の徹底的なレッスンを受けていました」

 2月に出家宣言した際には、教団が「ドクターストップで仕事を休む必要がある」と発表していたが、現在の清水についてはこう話す。

「新たな仕事に意欲的に取り組んでいます。8月12日には大川総裁の故郷の徳島で開催される阿波踊りに出演させていただきます。8月下旬には映画『さらば青春、されど青春。』のクランクインの予定です。今後、幸福の科学グループで制作予定の8本の映画に関わる予定です」

 超多忙で充実した日々のようだが、また〈ギリギリの状態〉にはならないよう気を付けてください。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号