TIFで最多稼働の大阪☆春夏秋冬が新衣装と新曲、そして重大発表で魅せた!

写真拡大

 8月4〜6日にのべ8万1378人を動員した『TOKYO IDOL FESTIVAL 2017』。233組ものアイドルが出演したなかで最も多忙だったと噂されるのが、3年連続の出場となった大阪☆春夏秋冬(しゅかしゅん)だ。その稼働数はコラボやソロでの出演も含めると3日間で21回に及び、文字通り腰を落ち着ける暇もないほどだった。

 そのしゅかしゅんは今回のTIFに合わせて新衣装と新曲を用意し、満を持して3日目に公開したのである。本稿ではその衣装と曲を中心に、しゅかしゅん怒涛のTIF3日間を追ってみたい。
 ■注目の新衣装はパレオと“小判”がポイント!?

 3日目のHOT STAGEでお披露目された新衣装は、紺色のアッパーと緋色のスカートが組み合わさったセパレート型。肩口の付け袖に見える部分は当て布となっており、腕の動きを妨げないように配慮されている。また全員お揃いのデザインに見えつつ、襟元や胸元にはメンバーごとにオリジナルの装飾が施されている点も見逃せない。

 そして特徴的なのは腰から垂れるパレオのような布地だ。和風っぽい柄の生地は振袖のようにも見え、シンプルなセパレート衣装に華やかな彩りを加えている。さらに腰回りには金属製のアクセサリーが施され、この“小判”が動きと共にシャリシャリと鳴るのが可愛らしいのである。
  このパレオを存分に活かしたのが、そのHOT STAGEにて初披露された新曲の『Travelin' Travelin'』だ。

 ポップな曲調に乗せて「トラベル」を表現するシーンでは、パレオが風に翻る様子を表現。軽い生地を大きく羽のように広げる振り付けは、まるで助走から飛び立つ姿を表わしているかのようだ。
  そのしゅかしゅんではお揃いのワンピース衣装がおなじみだったことを覚えている人も多いだろう。それが今夏からはオリジナルの衣装を導入。7月8日〜9日の『アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜』にて白ベースの夏衣装を解禁し、今回のTIF2017でも1日目と2日目にはこの衣装でステージを務めることが多かった。

 これらの新衣装はいずれも同じスタイリストの手によるもの。お披露目後もメンバーの要望に合わせて微調整が加えられ、さらに踊りやすく改良され続けているのがいかにもしゅかしゅん流と言えるだろうか。今後も新衣装を活かした振付や、衣装のマイナーチェンジに期待したいところだ。
  そんな新衣装と新曲が披露された3日目のHOT STAGEではもう一つ、「重大発表」の存在も明かされた。残念ながら今回のTIFではその内容が明かされることはなかったものの、「期待していてください」と語るMAINAの口ぶりからはポジティブな内容だと受け止めて間違いなさそうだ。
 ■数々のステージに出演し、2年間の成長を実感

 そのしゅかしゅんはTIF2015で見つかり、この2年間でアイドル界での番付を瞬く間に駆け上っていった。今回のTIFでも2日目には『この指と〜まれ! スペシャルステージ』に抜てきされ。しゅかしゅんを「大阪さん」と呼び親しんでいるHKT48の指原莉乃と共演を果たした。その指原はTIFの期間中に、しゅかしゅんメンバーのツイッターアカウントをフォローしたという。
  またフジテレビとNTTドコモによる新コンテンツ「JidorAR(ジドラ―)」の体験ステージでは、まねきケチャとsora tob sakanaに並んで3組だけの出演者に選ばれ、フジさんのヨコで開催された「5Gステージ」に登場。ファンが事前に取りこんだ自分の3Dデータを専用アプリで読み込み、スマホのカメラをステージに向けると、自分のアバターがしゅかしゅんと共演できるという仕組みが好評だった。
  さらに全16アイドルによる「TIFカフェコラボアイス」にも選ばれ、その名も『大阪さん』アイスを提供。ほかにもサマージャンボリー(1日目)でのコラボステージや、ラジオ体操(3日目)にも駆り出され。まさに八面六臂の活躍を見せたのである。