夜の動物園に入れるチャンス♪ 上野動物園名物「真夏の夜の動物園」が今年も開催されます

写真拡大

みなさん、上野公園名物「真夏の夜の動物園」の季節が今年もやってまいりましたよ〜!

普段なかなか観る機会のない動物たちの夜の姿を観察することができる、毎年大人気のこのイベントが8月9日から8月16日まで開催されます。

期間中は開園時間を3時間延長して、20時までオープンするそうですよ!(入園は19時まで)。

【今の季節、出歩くなら夜のほうがいいよね】

昼間はうだるような暑さでも、夜になれば幾分涼しくなります。歩きやすいし、夜だから日焼けの心配もなし。デートコースとしてもかなりイケているのではないでしょうか。

【どんな動物に会えるの?】

「真夏の夜の動物園」で出会えるのは、西園がワオキツネザルにシマウマ、オカピにアイアイ、そしてみんな大好きマヌルネコや、ハシビロコウ先輩など。

一方の東園で会えるのは、ゴリラにホッキョクグマ、プレーリードッグに、野生の生息数は500頭前後しかいないとされ、絶滅が心配されているスマトラトラ。

それから動物園の絶対的エース、ジャイアントパンダもリストに名を連ねています。けれども観ることができるパンダは、オスのリーリーだけ。メスのシンシンと赤ちゃんパンダは公開されないので、その点ご注意くださいね。

ちなみに、赤ちゃんパンダの名前を8月10日まで募集しているので、動物園で応募してみるのもいいかもです。

【見たい動物の公開時間を調べておこう♪】

動物たちの公開時間はそれぞれ細かく決まっています。20時の閉園ギリギリまで見られるのは、ハシビロコウ、タテガミオオカミ(西園)、サル山、クマたちの丘、アシカ、アザラシ(東園)で、ジャイアントパンダは19時45分まで。

ほかの動物の公開時間については「東京ズーネット」のウェブサイトでご確認ください。

【ほかにも楽しそうなイベントがあるよ〜!】

8月12日の「世界ゾウの日」には、特別企画「ゾウの運動場に入ってみよう」が開催されたり、動物園スタッフのお話が聞ける「夏の夜のおすすめトーク」なんて企画も。

さらには、夕涼みがてら音楽を楽しめる「音楽の夕べ」や「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」の野外上映会など、夏の上野動物園はお楽しみがいっぱいです。

【ビアガーデンやショップも20時まで延長】

また「真夏の夜の動物園」期間中は、レストランやギフトショップなども営業時間を延長し、20時まで営業するそう。なかでもわたしが惹かれるのは、西園・不忍池テラスにあるオープンビアガーデンです。

17時から20時までオープンしている(ラストオーダーは19時半)というこちらでは、タイ風おつまみやデザートが食べられるほか、タイのビールも飲めるそう。帰りにふらっと立ち寄るには打ってつけだと思いますよぉ〜!

参照元:東京ズーネット、Twitter @UenoZooGardens
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る