20代が思う「おばさん」の定義4つ&素敵な“大人女性”に見られる方法

写真拡大

歳を重ねた女性に、「おばさん」に見える人とそうでない人がいるのはなぜか。彼女たちは何が違うのか。そんな疑問を持ったことはありませんか。

やりがちだけどNG!ママになったらやめた方がいい「老け見えファッション」4パターン

今回、20代の女性たちに、彼女たちが思うおばさん像を聞きました。彼女たちが「こうはなりたくない」「これをするとおばさん」と感じている、リアルなエピソードを見てみましょう。

1、年齢について自虐的な言及が多い

「『年齢なんて記号よ』風のことを言っているにも関わらず、『若いっていいよね』とか『私が20代の頃は……』とか『もういい年だし』など、やたらと自分の年齢について、自虐してくる女性はおばさんっぽいなあと感じます。

若さを羨んだり自分を下げたりする言動は、見ていてつらいものがあります」(28歳/メーカー)

年下の人と話しているときに年齢を持ち出すと、相手の年齢と自分の年齢を比較した話題になりがち。その流れで「あなたたちは若いから(でも私は……)」といった、自分の年齢を卑下する発言につながっていくことも。

それがおばさんっぽさを加速させることになります。年齢について言及すること、さらに自虐することは控えるのが安全です。

2、声が大きい、騒がしい

「年齢を重ねた女性の集団が騒々しくしていると、『ああ、おばさんだな』『これはみっともないな』と感じます。電車に乗って、車両の端(前方)にいた中年女性たちの会話が、端(後方)にいた私のもとまで、ばっちり聞こえてきたことがあります(笑)。

大声でしゃべりすぎ、電車というある意味での密室でテンションを上げすぎ……その手のところかまわずうるさい人たちは、私以外も『おばさんたち、うるさいよ』と辟易しているのではないかと」(26歳/飲食)

おばさん=声が大きい、うるさい、というイメージは確かに定着しています。もちろん、すべての年を重ねた女性がそうである、というわけではありませんが。

ただ、そういったイメージがあるため、公共の場で大声で会話をすると、おばさんとみなされる可能性大。どんなに嬉しいことがあっても、気分がハイになっても、声のトーンには気をつけたいものです。

3、できるだけ楽をしようとする

「たとえば、電車の中で空いている席を見つけたら、すかさず突進してお尻を滑り込ませる女性は、おばさんっぽいなと思います。そういう人たちって、スカートでもパンツでも、ワンピでも着ているものに関係なく、座った途端に股をドーンと広げるのが恒例です。とにかく楽をしたいし、楽している間は周りを気にすることもないのが特徴。

ちなみに、電車内以外でも、ホームのベンチや病院の待合室の椅子など、空席をめがけてダッシュ! みたいな行動はおばさん感がすごいです」(27歳/IT)

「こういう人、いる……」と、普段電車通勤をしている方は、思ったのではないでしょうか。体がしんどい・つらい場合は除きますが、健康な状態であるのに、一刻も早く座りたがる、なんとしてでも席を確保しようとする行動は、おばさんっぽく見せてしまいます。

ゆっくりと余裕を持った動きで、椅子に近づくだけで、その印象はだいぶ変わるでしょう。

4、若作りをしている

「いつまでもきれいでいよう、という姿勢は悪いことではないと思います。でも、40代の女性が、20代の女性が着るようなファッションを選んだり、同じような髪型をしたり、メイクにしたりすると、チグハグ感がすごいんです。

浮いている、というか。なんか、怖い……と感じるのは私だけではないはず。むしろ若く見えず、他の若い子と並ぶと、おばさんっぽさが強調されてしまうと思います」(24歳/PR)

「若作り」と「若々しい」はまったく違う要素。若作りには「がんばっている」「必死」「痛々しい」といったものを感じますが、若々しいは「ナチュラル」「無理にがんばらない」といったプラスの印象を受けます。

ファッションやメイクは「自然体に見えるかどうか」を観点に考えると良いのではないでしょうか。

日頃の行動や心構え、その一つひとつが、おばさん化する人とそうでない人とを分けます。おばさんではなく、「素敵な大人の女性」を目指したいものですね。