夏風邪

写真拡大

夏は、冬よりも風邪について無頓着になりがちだが、実は夏に流行る三大風邪がある。「手足口病」「プール熱」そして「ヘルパンギーナ」だ。夏の代表的な病気・ヘルパンギーナについて、横浜にクリニックを開業予定の医学博士・白畑敦先生に話を聞いた。

●ヘルパンギーナとは?

「ヘルパンギーナとは、突然39度ぐらいの熱が出て、喉の奥に小さい水疱ができる夏風邪の一種です。おもにコクサッキーウィルスなどによって起こりますが、お医者さんに行くと『あぁ、これは夏風邪ですね』と言われることが多いと思います。 この症状がでても、特にウィルス検査まではしません」(白畑氏 以下同)

それでは、ヘルパンギーナのウィルスは、どこからやってくるのか?

「くしゃみや咳などによる飛沫がおもな感染源です。兄弟がいる場合は、上の子が感染すると、下の子にもうつる可能性がありますね。喉の水泡は10個以上できることがあり、その周辺が赤くなります。最初は1ミリぐらいでも、3日で2〜3ミリになることもあります。乳幼児ならよだれが多くなることもあり、機嫌が悪くなる。水泡は潰れるとカイヨウになり、何か食べたり飲んだりする度に痛くなります」

“口内炎が痛くて何も食べられない”大人でもそんな経験があれば、どんなものを食べたらいいか想像がつくはず。口あたりのいい柔らかいものを与え、水分補給だけは忘れてはいけない。湯冷ましや麦茶などを飲める分だけ与え、それすら飲めない場合は、かかりつけの先生に見てもらおう。

●ヘルパンギーナの治療法は?

それでは、ヘルパンギーナの治療法は?

「本来、風邪には薬がないことをご存知でしょうか? ヘルパンギーナもこれと同じで、基本的には、自分の免疫力で治す対処療法となります。熱は数日で下がりますが、ヘルパンギーナの口内炎はちょっとだけ治りにくいので、口内炎の薬などが処方されることもあります」

●ヘルパンギーナの予防法は?

ヘルパンギーナの予防はなかなか非現実だと語る白畑氏。普通の風邪と同じ方法を3つ挙げてもらった。

【予防策】

・飛沫感染を防ぐグッズ(除菌スプレーやマスク)を使う

・手洗い、うがいをする

・オムツを扱ったら必ずよく手を洗う

「普通の風邪と同じく、手洗いやうがいなどをしっかりして、あとは普段から体調管理に気をつけること。子どもがだるそうな時は無理に人込みなどに出かけず、家で静かにしていることが大切です」

自分の地域で「どんな夏風邪が流行っているのか」をチェックすることも重要。普段から、今、子どもの周りでどんな病気が流行っているのか…ママがしっかりと情報を集めておけば、夏風邪がうつらないような工夫ができるのではないだろうか。

(取材・文/谷亜ヒロコ)