税理士はお金の専門家ではない!

写真拡大

新刊『借りたら返すな! いちばん得する! 儲かる会社に変わるお金の借り方・残し方』では、1000件以上の財務戦略を立案してきた著者による「お金の調達力」を上げるための方法を紹介しています。本書から、「お金と会社の関係」「銀行との正しい付き合い方」「節税対策のウソ・ホント」「お金で困っている企業が意外と知らない対策」「企業再生で成功したノウハウ」などを公開します。

「会計」と「財務」の違いを知る

「お金のことは全部税理士さんに任せています」

 そのように言う経営者の方をよく見かけます。毎月試算表を持ってきて数字の打ち合わせをしているから、お金の専門家のように感じるのでしょう。

 しかし、税理士はお金の専門家ではありません。税金の専門家です。お金のこと、財務のことを知っているかどうかと税理士資格はまったく関係がないのです。

 そもそも税理士試験というのは、会計2科目(簿記論・財務諸表論)と法人税法か所得税法の必須3科目のほかに、相続税法・消費税法または酒税法・国税徴収法・住民税または事業税・固定資産税の中から2科目受かればいいという制度になっています。

 このほかに、例外的に大学院での研究内容によっては、博士号または修士号を取得すると試験科目を一部免除されたり、国税OBと呼ばれる課税庁での勤務期間に応じて試験科目を一部免除される制度があったりといろいろややこしいのですが、皆さんの顧問税理士は、どういう経緯で税理士資格を取得したかご存じでしょうか? 

 一度確認してみることをお勧めします。税金の専門家といっても酒税法と国税徴収法を合格した税理士に相続税の相談はしたくないですよね? 

 もちろん、実務経験が豊富であれば問題ありませんが、単純に税金の専門家といっても人によって知識・経験がバラバラなのです。

 でも、「会計の勉強をしたんだから、お金のことが分かるんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 ここで、「会計」と「お金=財務」の違いについて整理してみましょう。

「会計」は過去の取引を整理するものです。会社の請求書や領収書を整理して、資産・負債・損益と仕訳をして利益を算出します。税理士さんとの打ち合わせも先月はああだった、こうだったと過去の話が中心ではないでしょうか?

 一方、「財務」は過去ではなく未来の話です。どう調達して、どう投資して、どう回収するか? どうすればお金がショートせずに経営ができるか。会社のお金についていえば、この観点が一番重要です。先月の試算表を見ても、見えてこない世界です。

 この財務の世界は税理士の試験勉強では出てきません。特に国税OBは公務員だった人ですから、調達・投資・回収とはほど遠い人たちです。

 専門外の人たちにお金の相談をするから、会社の財務状況が悪くなるのです。

 特に損益計算書(P/L)ばかりを見て打ち合わせをしている税理士は要注意です。税理士は税金計算の専門家です。税金はP/Lに出てくる利益から計算します。

「売上がいくらで、経費がいくらで、利益がいくらになるから税金がどれくらいになります」といったような打ち合わせですと、会社にとって一番重要な現預金の話になりません。

 現預金は貸借対照表(B/S)に出てきます。B/Sは税金計算には関係ありませんから、あまり説明されないことが多いです。しかし、財務はB/Sの世界なのです。

 B/Sには現預金残高・調達・投資・回収のすべての情報が入っていますから、きちんと現在を把握し、将来の計画を考えるベースとしなければいけません。

 もう一つ、P/Lにない概念が時間軸です。

 ある会社から「このままいくと資金がショートしそうなんですけど、どうしたらいいですか?」と相談を受けました。

 売上が順調に伸びていたのですが、売掛金の回収が月末締めの翌々月入金と2か月サイトなのに、仕入れの支払いは月末締めの翌月末払いと1か月サイトだったため、売上が伸びれば伸びるほど資金が苦しくなっていたのです。

 まずは回収のサイトの交渉をしてもらいました。1か月サイトにしたかったのですが、なんとか15日締めの翌月末入金と45日サイトまで持ち込みました。

 一方、支払いは翌々月払いにしたかったのですが、さすがに難しかったため、逆に仕入れをおさえ、在庫をなるべく持たないよう徹底的にコントロールしました。

 これでなんとか資金が回るようになりましたが、この情報はP/Lにはまったく載ってきません。

 なぜならサイトの変更によって売上は1円も増えてないし、経費は1円も減っていないからです。まったく同じP/Lになるのです。P/Lだけを見て経営していると順調に売上が上がっているいい会社に見えますが、時間ごとに区切るとヤバかったというよくある事例です。

 会社を潰したくなければ、B/Sと未来への時間軸を経営者自身がきちんと把握する必要があるのです。