個人投資家でもできる! IR担当者への超カンタン取材術

写真拡大

投資をするなら、個人投資家でもIR担当者に取材をしたほうがいい。でも、何を聞いたらいいのだろうか。『40年稼ぎ続ける投資のプロの株で勝つ習慣』の著者であり、取材のプロである岡本昌巳氏に、誰でも簡単にできる取材法を聞いた。

ネタは『会社四季報』と「決算短信」
「叩き台となる言葉」があると質問しやすい

 個人投資家の「IR担当者への電話取材」はお奨めだ。投資家のために企業のIR担当部署は働いている。彼らの仕事が増えれば、企業のIRもさらに強化されるだろうし、彼らも個人投資家のさまざまな意見を汲み取れるようになり、IRもさらに改善されるだろう。

 ただ、そうはいっても、電話取材に慣れている個人投資家は少ないだろうし、電話することに大きなストレスを感じる人も多いだろう。取材のプロとして初歩的なテクニックをお教えする。

「叩き台となる言葉」があると質問がしやすい。例えば、『会社四季報』に出ているコメントを叩き台にする。

「四季報には『○○』と書いてありますが、具体的な内容をもっと詳しく教えてください」「『四季報に配当性向5割がメド』と書いてありますが、今期の配当性向予想は4割です。増配の可能性が高いということですか」といった質問をすればいい。ただし、これだけでは質問がぶつ切りで終わってしまう傾向がある。

 叩き台といえば、決算短信もいい叩き台になる。

「決算短信を読みますと、(1)今期は30%営業増益見通しを出していますが、部門ごとの収益予想を教えてください。(2)『今後の見通し』に『新製品攻勢をかけるとともに、積極的なM&A、提携戦略を取っていく』と出ていますが、具体的にどんな期待の新製品があるのか、M&A、提携戦略は、とくにどの事業分野で進めて行くのか、具体的な案件はあるのか教えてください。(3)『会社の対処すべき課題』に『季節的に収益が変動する不安定な収益体質を改善すること』と書いてありますが、具体的にはどういった施策を講じるのでしょうか」などと質問する。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)