「1周回って知らない話SP」に出演する木下優樹菜(C)日本テレビ

写真拡大

 タレントの木下優樹菜(29)が9日放送の日本テレビ「1周回って知らない話」(水曜後7・00)にゲスト出演。子育て中の悩みを打ち明ける。

 テレビで当たり前として扱われているものの“今どきの視聴者”が今さら聞けない疑問「1周回って知らない話」を本人に直撃するトークバラエティー。

 「好きなママタレント」最新ランキングで第1位を獲得した木下。2006年におバカキャラでデビューし、瞬く間にブレークしたのち、4年後に22歳という若さでお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(46)と結婚。今では2児の母になった。

 結婚や育児についてつづった著書は累計30万部の大ヒット。インスタグラムのフォロワーはなんと400万人超えという“カリスマ”ママタレントだ。そんな木下に、今どきの視聴者たちから「めちゃくちゃ夫婦喧嘩しているのに、なんでそんなに仲良いの?」という疑問がぶつけられる。

 「ケンカほんまにするの?」というMCの東野幸治(50)からの質問をきっかけに、木下から藤本への不満が爆発。番組スタッフが自宅を訪れると、台所まわりや洗濯物について、藤本への不満エピソードを本人の前で次々暴露。そんな木下に藤本もささやかながら反撃する。スタジオではこのVTRを見た「北陽」の虻川美穂子(42)が「すっごいわかります!」と共感。「よく言ってくれた!」と主婦の苦労を熱弁する。

 ママタレ仲間はあまりいないという木下の親友は中学時代からの地元友達。親友とのランチでは、普段言えない子育ての悩みも告白。最近「長女の気持ちが分からない」時があり、夜2人で泣いたことも…。木下の等身大の子育てが明らかになる。

 さらに、木下の人柄がよく分かるというファンクラブ「木下組」のイベント、通称「集会」にテレビが初潜入。川田裕美アナ(34)らスタジオ出演者が驚がくした木下の神対応とは――。