七代目笑福亭松喬襲名あいさつのために大阪本社を訪れた笑福亭三喬

写真拡大

 落語家の笑福亭三喬(56)が8日、大阪市北区のスポーツニッポン新聞大阪本社を訪れ、師匠の故6代目松喬さんの名跡を継承して7代目を襲名し、10月8日に大阪松竹座で開く襲名披露公演を報告した。三喬は将棋の藤井聡太四段が出前で利用して注目を集める「やまがそば」で若手時代に5年間アルバイト。当時、スポニチにも出前に届けたと回想し、「フィルムを積んだバイクが出入りしてましたね」と懐かしんだ。

 落語界では桂文枝が先月、芸能生活50周年を記念し、富士山山頂で創作落語のまくらを奉納した。「エベレストに登ったら記者さん、きてくれますか?」とリップサービスか、意欲をのぞかせた。