審査でウォークする審査員特別賞の玉田志織さん

写真拡大 (全3枚)

 米倉涼子(42)や上戸彩(31)ら多くの女優やモデルを輩出した「第15回全日本国民的美少女コンテスト」の本選大会が8日、東京都内で開かれ、京都府出身の中学2年生、井本彩花さん(13)がグランプリに輝いた。

 ほかに審査員特別賞、演技部門賞、音楽部門賞、モデル部門賞、グラビア賞、マルチメディア賞があり、審査員特別賞には玉田志織さん(15)と石井薫子さん(12)が選ばれた。玉田さんは「素晴らしい賞をいただけると思っていなかったので、うれしい」と大感激。石井さんも「憧れの米倉涼子さんが取った賞。とてもうれしい」と喜んだ。

 オスカーに所属する上戸、佐藤藍子(39)、武井咲(23)ら歴代受賞者も出席。武井は「自分次第でこれからたくさんチャンスがあると思う」とエールを送った。