「陸王」の巨大田んぼアート=埼玉・行田市

写真拡大

 俳優、山崎賢人(22)が10月スタートのTBS系「陸王」(日曜後9・0)に出演することが8日、分かった。

 同作は人気作家、池井戸潤氏(54)の同名小説が原作。役所広司(61)演じる主人公・老舗足袋業者の4代目社長が不況を乗り越えるために従業員と団結し、高い技術力を生かした裸足感覚のランニングシューズの開発に乗り出す物語。

 山崎は、大学を卒業したものの就職活動に失敗する主人公の息子で、奮闘する父の姿に感化され、従業員らと社業にまい進する役どころ。

 このほど、物語の舞台となる埼玉・行田市を訪問し、同作を記念した広さ1ヘクタールの巨大田んぼアートや足袋の製造工場を見学。「伝統を背負いながら挑戦をやめない父親の背中から、いろんなものを感じていきたい」と熱演を誓った。