平田歩(岡山学芸館)が岡山県勢38年ぶりの女子シングルス優勝[南東北インターハイ]

写真拡大

 第74回全国高等学校対抗テニス大会および第107回全国高等学校テニス選手権大会(南東北インターハイ・テニス競技/8月2〜4日団体戦、5〜8日個人戦/会津総合運動公園テニスコート、あいづドーム)の大会7日目/最終日、女子は個人戦シングルス決勝、個人戦ダブルスの決勝が行われ、女子シングルスは平田歩(岡山学芸館)がインターハイ初優勝を飾り、女子ダブルスは我那覇真子/前田優歩(沖縄尚学)が"沖尚ペア3連覇"を達成した。

◇   ◇   ◇

 9時30分からスタートした平田と輿石亜佑美(浦和麗明)の決勝は、序盤から平田が流れを掴む。強力なストロークで輿石を追い込み、第4、8ゲームのリターンゲームを奪取。「思い通りのプレーができた」平田が、第1セットを6-3で先取する。

tennismagazine0808_05.jpg

 しかし、輿石も負けてはいない。第1セット終了後にトイレットブレークをとり、「このまま終われない!」と自らを鼓舞。すぐさま気持ちを切り替えると、第2セットはラケットを振り切ることに徹し、「ラリーで相手のミスを引き出せた」。2度のブレークチャンスを制して6-2で押し切り、イーブンに戻す。

 シーソーゲームとなった一戦は最終セット。最初のリターンゲームで平田がチャンスを掴む。「第2セットは勝ちを意識し過ぎた。決め急がずに長いラリーで打ち勝とうと思った」平田が1-0、3-0、5-0と一気に差をつける。

 迎えた第6ゲームのサービスも0-30から挽回し、最後は輿石が放ったフォアハンドがサイドアウト。その瞬間、平田の高校日本一が決まった。

tennismagazine0808_02.jpg

(写真)女子シングルス優勝の平田歩(岡山学芸館)

「大会前はまったく優勝できると思わなかった。奇跡に近い感じです」と驚きを隠さない平田。もともと大一番に弱い性格だったが、決勝は勝ちを意識しすぎないよう「1回戦に臨む気持ち」で戦った。それが功を奏し、最終セットは「完璧なプレーが出せた」と笑顔がこぼれる。平田の優勝は、1979年の宗高由紀(山陽女子)以来となる岡山県勢のシングルス制覇となった。

「最後は自分を信じてプレーできなかった」と肩を落とす輿石。最終セットの第1ゲームはダブルフォールトによってゲームを落とし、そこから歯車が狂った。「決勝は気持ちの弱い部分が出た。この経験を次に生かしていきたい」とさらなる成長を誓った。

tennismagazine0808_01.jpg

(写真)女子シングルス準優勝の輿石亜佑美(浦和麗明)

 女子ダブルス決勝は11時20分から始まり、我那覇真子/前田優歩(沖縄尚学)が吉岡希紗/原田真実子(四日市商)を6-3 3-6 7-6(5)で破り、約3時間におよぶロングマッチを制して頂点に立った。

「(優勝できて)すごくホッとしている」と我那覇。大会前は調子が上がらずに初戦負けも覚悟したが、3回戦で第1シードを破り徐々に自信を取り戻した。決勝は吉岡/原田のサービス力を警戒した中で数少ないチャンスをものにした。

 3年生の我那覇は昨年に続き大会連覇。2年生の前田は「今年は(我那覇に)引っ張ってもらったので、来年は自分が次のパートナーを引っ張り、沖尚の4連覇を目指したい」と力強く語った。

tennismagazine0808_03.jpg

(写真)女子ダブルス優勝の前田優歩(左)/我那覇真子(沖縄尚学)

tennismagazine0808_04.jpg

(写真)女子ダブルス優勝の吉岡希紗(左)/原田真実子(四日市商)

テニスマガジン/編集部◎中野恵太)

※トップ写真は、女子シングルス優勝を果たした平田歩(岡山学芸館)