画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●DO-IT Japan 夏期プログラム

日本マイクロソフトは以前から、難読症などの障がいを持つ方々の進学や就学をIT技術で支援する「DO-IT Japan」を開催している。今回、2017年8月8日に夏期プログラムを開催し、同時にWindows 10 Fall Creators Updateに含まれる「UDデジタル教科書体」フォントの採用理由や、Wordの読み上げアドオンツール「WordTalker」などを紹介した。

学習障がいの一種であるディスレクシア(難読症)は日本国内では広く認知されておらず、日本政府の「障害者白書」でも明示していない。知的能力に問題はなくとも、文字の読み書きなどに不自由を訴える人々は世界各地にいる。日本マイクロソフトは2007年から、困難に遭遇している方々の進学や就学をIT技術で支援する「DO-IT Japan」の活動を共催してきた。

日本マイクロソフト 技術統括室 プリシンバルアドバイザー 大島友子氏は、DO-IT Japanは自社の企業ミッションと相通ずるとしながら、「肢体不自由の子供たちでも、IT技術を使ってテストを受ければ結果を出せる」と活動結果をアピールする。詳しくは後述するWindows 10 Fall Creators Updateに含むフォント「UDデジタル教科書体」と、イーストの「WordTalker」、東京大学先端科学技術研究センターの「AccessReading」を指して、「三位一体の支援環境がそろった。さらにWindows 10のアクセシビリティ機能で(ディスレクシアな方々を)支援する」(大島氏)と述べた。

東京大学先端科学技術研究センターが主催するDO-IT Japanの活動はWebページを参照いただくとして、今回はAccessReadingに注目したい。東京大学先端科学技術研究センター 准教授 近藤武夫氏は「学校の現場では紙の教科書しかなく、現場でデジタル化するにも著作権などの問題が障壁となる。そこで東大先端研がAccessReadingを開発し、小中高の検定教科書をデジタル化。Microsoft Azureから年間450冊ほど配信している」と紹介した。AccessReadingは、ePubファイルとWord文章(拡張子docx)ファイルで配布し、ディスレクシアを理由に印刷物を読むのが難しい方々を支援する「オンライン図書館」を提供する。

2017年6月にイーストがリリースしたWordTalkerは、2015年度総務省情報通信利用促進支援事業費補助事業に採択され、前述した近藤氏の協力を得て開発したWord文書を読み上げるアドオンである。

イースト 事業推進部 営業企画室 室長 柳明生氏は「ディスレクシアの方々だけではなく、障がい者差別解消法の施行により、社会の各所で合理的配慮を求められる教育機関や公共団体、法人の需要も高い。23区内のとある自治体が運営する、特別支援学校を含むすべての学校で採用予定」という。

WordTalkerはMicrosoft Speech API(SAPI)に対応し、WindowsのTTS(合成音声)をそのまま利用するため、Wordがインストールされていれば、そのまま利用可能だ(Windows 7はTTSエンジンの入手が必要。Windows 8.x/10は標準搭載)。WordTalkerは前述したAccessReadingと連携し、利用者は「WordTalker AR Edition」を無償で利用できる。詳しくはイーストに問い合わせてほしい。

●Windows 10にUDデジタル教科書体フォントを採用する理由

さて、UDデジタル教科書体フォントについては、日本マイクロソフト Windowsプロダクトマネージャー 春日井良隆氏と、モリサワ 公共ビジネス推進課 橋爪明代氏が説明した。UDデジタル教科書体はタイプバンクのUD(ユニバーサルデザイン)書体シリーズの1つとして、慶応義塾大学 自然科学研究教育センター 副所長/教授 中野泰志氏の協力により、開発されたフォントである。

タイプバンクはモリサワに吸収合併されたため、現在はモリサワの扱いとなるが、気になるのは「なぜWindows 10に標準搭載したのか」という点だ。MicrosoftはWindows 10 Insider PreviewでUDデジタル教科書体フォントの採用を明らかにしているが、その理由を述べていない。日本マイクロソフトは「より読みやすい日本語環境をお届けする。そして日本のICT教育へ貢献」(春日井氏)するためと説明するが、その背景にはフォントデザインにおける設計思想によって異なる字体・字形があるという。

通常の教科書には教科書体が用いられるが、橋爪氏は、字形が楷書体に近いため筆文字がベース。そのため線の強弱が視認を妨げる傾向があり、画数が増えると視認性はさらに低下すると述べる。単純にゴシック体・丸ゴシック体を用いる発想に対しては、「教育用に開発されたフォントではないため、教育現場で不都合が発生する」(橋爪氏)という。

下図はその違いを示したスライドだが、通常のゴシック体では画数や書き順を学びににくく、実際に書く場合と異なるケースが多い。「教師が正しく書き方を教えても(ゴシック体では)伝わりにくい現状がある。だからこそ学習指導要領に準じた字形」(橋爪氏)としてUDデジタル教科書体が重要であるとした。

モリサワは、中野氏と共同研究を行う生徒や教師など、241人から科学的根拠を取得している。例えばタブレットで各社の教科書体と比較した結果や、教師・生徒に対するアンケート調査をもとに、UDデジタル教科書体が現時点でもっとも優れたフォントであるとアピール。今後も、弱視やディスレクシアに対する検証を続けていくとした。

一連のプレゼンテーションでは「なぜWindows 10に標準搭載したのか」と疑問が解消されなかったため、日本マイクロソフトに訪ねたところ、UDデジタル教科書体を採用するきっかけは、前述した大島氏が最初に提案したという。「そこに日本マイクロソフトのエンジニアなどが参加し、米国本社を経て採用に至った」(春日井氏)と、日本主導であることを明らかにした。また、Windows 10は遊明朝・遊ゴシックを採用してきたが、あくまでも今回は教科書体の追加にとどまるという。「(DO-IT Japanのプログラム会場を指しながら)この子たちが筆を使う場面は遠く、明朝体は縁遠い存在」(春日井氏)としつつ、モダンなICT教育環境をWindows 10で実現するためのフォント採用であると話した。

振り返ってみると今回の取り組みは、昨今多くの場面で掲げられる「働き方改革」と共通する部分がある。それはIT技術の利活用で発生する新たな可能性だ。ハンディキャップを持つ方々にも、IT技術が可能性や新たな価値を提供する存在であることを改めて証明したのではないだろうか。

阿久津良和(Cactus)