iPhone8の背面パネルを撮影したと見られる写真が、中国の掲示板に投稿されました。iPhoneの組み立てを担当するFoxconnの箱に入った背面パネルには、Appleロゴの下に丸い穴があり、背面にTouch IDセンサーが搭載されることを示している可能性があります。

Touch ID用?背面のAppleロゴ下に丸い穴

中国の掲示板サイトFengに投稿されたiPhone8の背面パネルらしき写真は、デュアルカメラが縦に並んでいるほか、Appleロゴの下に丸い穴があけられており、Foxconnの箱に入っています。
 

もし、写っているのが本当にiPhone8の背面パネルなら、iPhone8のTouch IDセンサーは本体背面に位置することになります。
 
この写真が撮影された時期などが不明ですが、AppleはiPhone8の複数デザイン案を同時進行で検討していたとの情報があることから考えると、この写真は開発初期段階の試作品を写したものであり、製品として出荷されるiPhone8の背面パネルではない、という可能性もあります。

AppleがiPhone8の画面へのTouch ID埋め込みを断念との報道も

iPhone8については、以前から有機EL(OLED)ディスプレイ内にTouch IDセンサーを埋め込む上での技術的困難が指摘されており、その影響でiPhone8の生産・販売に遅れが出るとも予測されています。
 
最近、iPhone8の背面にTouch IDセンサーを設置する案は消滅したと報じられている一方、AppleがディスプレイにTouch IDセンサーを埋め込むのを断念した、とも伝えられていることから、Touch IDセンサーは大型化した電源ボタンに埋め込まれるのではないか、と考えられています。

 
 
Source:Feng via Cult of Mac
Photo:Benjamin Geskin
(hato)