メイクを落とさず寝ると5歳老ける⁉︎ 翌朝リセットスキンケア法

写真拡大

「夜遅く仕事から疲れて帰ってきて、メイクしたまま寝てしまった」「外食や飲み会から帰宅してそのまま寝てしまった」なんていう経験はありませんか?

メイクをしたまま寝て翌朝を迎えることで、メイク汚れや外気汚れがお肌の毛穴詰まり、雑菌の繁殖、くすみやニキビなどの原因となり、肌年齢が5歳老けるとも言われています。

メイクをしたまま寝てしまうことは避けてほしいですが、うっかり寝てしまった!という翌朝に活用出来るリセットスキンケア方法をエステティシャンの筆者がご紹介します。

■メイクしたまま寝てしまった時の翌朝リセットスキンケア方法

(1)クレンジング、洗顔でメイク汚れを丁寧に落とす

長時間メイクをしたままの状態ですので化粧品の油や外気の汚れ、皮脂でお肌がギトギト、カピカピになっていませんか?

まず、クレンジングをたっぷりと手に取り、メイク汚れを浮かすように落としましょう。洗顔もしっかりと泡立てて泡を転がすように洗顔しましょう。

(2)ホットタオルでお顔を蒸す

毛穴の奥にメイク汚れが残っていたり、お肌がくすんでいる場合がありませんか?

タオルをお水で濡らして絞り、ラップで包んでレンジで40秒程温め、お顔の上に乗せ毛穴を開くと当時にお顔の血行を良くしましょう。

(3)美容オイルでマッサージ

目には見えない毛穴に残ったメイク汚れを浮かすために、美容オイルで小鼻周りをクルクルとマッサージしたり、お顔全体をマッサージすることで血行やリンパの流れが良くなりますので、くすみやむくみなどをリセットします。マッサージが終わったらさっとお水で洗い流しましょう。

(4)化粧水とシートマスクでたっぷりと水分補給

長時間メイクをしたままのお肌は乾燥していることも多いので、いつも以上に化粧水をたっぷり与えることを意識しましょう。

コットンに化粧水を取り、お肌全体にサッとなじませ、新しいコットンにたっぷり化粧水を出し、お肌全体を優しくパッティングするのを2〜3回は繰り返し行いましょう。

さらにシートマスクをお肌にピッタリと密着させ、美容成分をお肌に与えましょう。

(5)乳液、クリームで整える

お肌にたっぷりと水分補給をおこなったあとは、水分を逃さないように乳液、クリームを塗りましょう。手のひら全体を密着させしっかりとお肌になじませることがポイント。

どうしても身体が疲れきっていて、メイクをしたまま寝てしまうなんてこともあるかもしれませんが、メイクをしたまま寝るのは衛生面でもお肌にとっても良くないのはもちろんのこと、メイクを落としても朝からまたメイクをしなきゃならない場合もありますよね。とにかく、お肌の負担やダメージをいち早くケアして守ることが大切です。

「しまった!メイクしたまま寝てしまった!」という日こそ、リセットスキンケアを取り入れてみてくださいね。

メイクを落とさず寝ると5歳老ける⁉︎ 翌朝リセットスキンケア法はWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

【筆者略歴】

寒川あゆみ

大阪 谷町九丁目 エステサロン Private Salon Laule'aを運営。サロンワークの他、美容家・美容ライター・講師としても活動。