映画『散歩する侵略者』完成披露上映会【撮影:編集部】

写真拡大 (全10枚)

 『散歩する侵略者』の完成披露上映会が8日、都内で開催され、主演の長澤まさみほか松田龍平、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、前田敦子、満島真之介、児嶋一哉、光石研、黒沢清監督、前川知大(原作)といった豪華キャストが登壇した。

 数日間の行方不明の後、不仲だった夫(松田龍平)がまるで別人のようになって帰ってくる。急に優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…? 町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく……。

 同作品はカンヌ国際映画祭にも出品され、現地では黒沢監督ほか松田龍平、長谷川博巳が登壇している。

 イベントで黒沢監督は、侵略者、犠牲者、ガイドがいて設定がややこしい、と内容について触れながら、「(カンヌでは)とても好意的に受けとめられた。エンターテインメントの作品として作ったつもりだったが、いろんな意味を読み取ってもらえた」と振り返った。また、主演女優がカンヌに行けなかったことが残念だったともコメントした。

 その長澤は自身が演じる加瀬鳴海について「鳴海は大半が怒ってる。それがすごく大変で、怒る感情にエネルギーを使い、なんて言うんですかね……精神的にも肉体的にも疲れた記憶があります」と話した。また松田は「(自分には)エネルギーがなかったんで(笑)、ひたすら長澤さんだけを見て宇宙人を演じていました」「結構(長澤さんが)怖くて、なんでこんなに怒っているんだろうという気持ちになるくらいでした。(演じている最中は)僕なのか宇宙人なのかという感覚にとらわれるくらいに不思議な感覚でした」と撮影を振り返った。撮影当日サングラスをかけることが決まった長谷川は、「あまりハマるサングラスがなくて、自分が買ったばかりのサングラスをかけてみてくださいと言われ、それでいきましょう、ということになりました」と話したが、アクションシーンでもかけていることになりボロボロになってしまったというエピソードを話した。

 映画では人間の概念が奪われるということもポイントとなっている。この映画の内容にちなみ「誰かの概念をひとつだけ奪うとしたら?誰の何を奪いたいか?」を問われた満島は、「松田さんの落ち着きを奪いたい。自分落ち着きがないので……。落ち着きがない松田さんを見たい」とコメント。外見落ち着いて見える松田は「実は、心のなかは大忙しの状態なんです」と答えた。また、前田敦子は「児嶋さんの名前を奪いたい」というと、児嶋は「仕事なくなるわ」「児嶋がなくなったら、児嶋だよじゃなくなるんでしょ。それは勘弁してほしい、それでゴハン食べてるから」。児嶋は、逆に「あっちゃんのあのギャグ(を奪いたい)」と逆襲。すかさず前田は「私ギャグないんですけど(笑)待ってください(笑)」と遮るも、「私のことは嫌いになってもAKBのことは嫌いにならないでっていう、あのギャグ」と児嶋がコメント。「あれは本気で言ったやつですよ(笑)」という前田に対して「いろんな芸人が真似してるから、ギャグなのかと思った」というやりとりに会場から笑いがもれることもあった。

 映画『散歩する侵略者』は9月9日全国ロードショーとなっている。