画像提供:マイナビニュース

写真拡大

養老鉄道は9月10日、列車の中で子猫と触れ合える「ねこカフェ列車」を運行する。列車の中を猫カフェとして開放するのは全国でも例がなく、初の試みだという。

岐阜県内で殺処分される子猫などを保護し里親を探す活動をしている「こねこカフェ Sanctuary」と提携した企画で、当日は同店が保護した猫のうち、乗り物や人に慣れた猫を厳選して乗車させる。すでに猫たちに試乗もさせており、列車をまったく怖がらない猫も多いとのこと。

「1コース」(大垣駅〜養老駅〜大垣駅〜池野駅を運転)・「2コース」(池野駅〜大垣駅〜養老駅〜大垣駅を運転)の2本が設定され、どちらも所要時間は約2時間半となる。列車内では猫たちとの触れ合いが楽しめるほか、養老鉄道沿線名産の美濃いび茶(天空の古来茶)が飲み放題に。美濃いび茶を使ったお菓子も提供する。「ねこカフェ列車」発着駅となる池野駅では当日、岐阜県池田町を拠点に活動する「動物保護支援団体KAM」による保護猫チャリティーイベント「ハピねこトレイン in 池野駅」が開催される。

「ねこカフェ列車」参加費は、養老鉄道1日フリーきっぷと昼食弁当、お茶菓子付きで1名3,000円。各コース先着40名の定員は即日満員となった。