中国の上場企業は今年上半期、業績が絶好調となったようだ。

写真拡大

中国の上場企業は今年上半期、業績が絶好調となったようだ。インターネット金融データサービスを提供する同花順の統計によると、今月5日の時点で、上海証券取引所と深セン証券取引所に上場している企業2458社が上半期の業績予想を発表しており、業績が伸びた会社が1712社を占めた。また、前年同期比での純利益の増加幅を見ると、628社が100%以上の伸び幅だった。上半期の純利益が最多だったのは現時点で、消防業務をメインとする堅瑞沃能で、利益の増加幅は43268.8%に達した。北京日報が伝えた。

統計によると、業績が伸びたと予想した企業を見ると、赤字から黒字に転じた企業もあれば、利益が大幅に伸びた企業もある。堅瑞沃能は昨年上半期、127万8700元(約2110万円)の赤字だった。しかし、今年上半期はそこから一気に大幅な黒字に転換し、純利益が5億4700万〜5億5200万元(約90〜91億円)と、約432倍になったと予想されている。現時点で、純利益の増加幅が最大だった企業となっている。業績が急転したのは、同社が昨年、電池メーカー・沃特瑪を買収したからと見られている。

中広核技、同力水泥、華新水泥、冀中能源などの企業の上半期の業績も絶好調で、利益の増加幅がそれぞれ、386倍、127倍、93倍、62倍となった。これら企業は、業績が大幅に伸びた企業だ。首鋼股フン(フンはにんべんに分)の業績も5371.12〜5675.08%と大幅な伸びを見せ、純利益は9〜9億5000万元(約149〜158億円)だった。

一方、統計によると、業績が下がったと予想した企業は575社。純利益の減少幅が最大だったのは歓瑞世紀で、24772.40%。3700〜3900万元(約6億1050万〜6億4350万円)の赤字と予想している。その他、中房地産、易成新能、青龍管業、武漢凡谷、中航地産、中潤資源などの純利益も4000%以上の減少となった。(提供/人民網日本語版・編集KN)