映画「ワンダーウーマン」ジャパンプレミアムでパティ・ジェンキンス監督(中央左)らとポーズを決める乃木坂46

写真拡大

 乃木坂46が8日、東京・新宿のゴジラロードで行われた米映画「ワンダーウーマン」(パティ・ジェンキンス監督、25日公開)のジャパンプレミアイベントに出席した。

 同作の公式アンバサダー(大使)を務め、国内イメージソング「女は一人じゃ眠れない」を歌っている。

 同イベントにはパティ監督、スタッフのチャールズ・ローブン氏も出席。白石麻衣(24)はパティ監督からダイヤモンドが埋め込まれた特製ワンダーウーマンティアラをプレゼントされ満面の笑みを浮かべた。イベントは降雨の中、野外で行われた。同映画の「美しく、ぶっ飛ばす。」のコピーにちなみ、「今日のこの雨をぶっ飛ばしたい」と話した。斎藤飛鳥(18)は同作を「(アメコミの)DCコミックの看板と言っても過言ではない名作。どのシーンも美しいです。老若男女を問わず楽しめる作品なので見て欲しいです」と話した。

 秋元真夏(23)高山一実(23)は、主人公ダイアナを演じるガル・ガドットに米国でインタビューをしている。秋元は「すごく緊張していたけど、本当に優しく迎え入れてくれました。とにかく美しかったです! 美容法も聞きましたが、お水を飲む事だと言ってました」。高山は、水を飲む美容法を実践し始めたといい、「実は私、お水を飲むのが苦手だったんですが、月に1回は飲むようにしています」。

 パティ監督は「この作品を皆さんと共有できてうれしいです。本当に感謝しています」と話し、最後は日本語で「ありがとう」と感謝を口にした。