DISCOVER株式会社(代表 千葉 史生)は、Conary Enterprise Co., LTD.の「VentiFresh」を発売開始した。

写真拡大

 DISCOVER株式会社(代表 千葉 史生)は、Conary Enterprise Co., LTD.の「VentiFresh」を発売開始した。
 
 NASA(アメリカ航空宇宙局)が認めた技術で作られた「VentiFresh」は、紫外線と光触媒技術で臭い分子を自然な空気に分解する小型消臭器。フィルターでキャッチするのではなく、分子レベルの化学反応によって臭いを分解するため、消耗品を買い替える必要もない。
 
 UV光触媒と換気システムを結合させた換気技術の応用は、すでに工場や病院、レストラン、家庭など様々な場所で使われている。この「VentiFresh」は、国際宇宙ステーションで利用されている半導体消臭技術を日常生活に応用した画期的な新商品だ。
 
 本製品を開発したConary Enterprise社は、1976年から台湾に拠点を置き、オプトセミコンダクターに関する原材料、設備、応用技術と消費性商品を研究開発、販売する会社。大型建築用から医療美容ケア用まで、LED照明を応用した様々な技術について10年以上の研究を続けている。