ネイマール【写真:Getty Images】

写真拡大

史上最高額移籍のブラジル代表FWのCLゴールをUEFAが動画で公開

 サッカーのバルセロナからパリサンジェルマン(SG)への移籍を発表したブラジル代表FWネイマール。史上最高の移籍金2億2000万ユーロ(約290億円)の移籍は世界の度肝を抜いた名ストライカーについて、欧州サッカー連盟(UEFA)も特集。バルセロナ時代、UEFAチャンピオンズリーグでパリSG戦で決めた7ゴールを公式Youtubeチャンネルで公開し、ファンから「これこそが購入された理由だ」との反響を呼んでいる。

 この7発が歴史的な290億円移籍につながったのだろうか。ネイマールは現地各紙報道で2億2000万ユーロ(約290億円)の5年契約でパリSG移籍した。移籍発表後すると、UEFAは公式Youtubeチャンネルで動画を公開。13年から在籍したバルセロナでパリSGを相手に決めたゴールを振り返っている。

 約25メートルの距離から豪快ミドル、芸術的なフリーキックといった個人技のほか、スナイデルからのスルーパスに抜け出して決めたバルサらしいゴールなど、どれも印象的なシーンとなっている。

 バルセロナに所属した4年間、リーグ戦では123試合68ゴールでゴール率55%を誇った点取り屋の名シーンの動画を受け、ファンも想いをつづった。

世界のファンに反響続々「メッシ、ロナウドを継ぐ世界ベストプレーヤーだ」

「メッシ、C.ロナウドを引き継ぐ次世代の世界ベストプレーヤーだ」

「次はバルサ相手に7ゴールだ」

「これこそ彼が購入された理由だ」

「PSGに対して決めていたゴールが、PSGのために決めるゴールに」

「次に頂点に立つ選手だ」

 このようにファンから称賛を浴び、この7ゴールこそがパリSGが移籍を熱望したことにつながったとの見方も飛び出していた。

 パリSG公式サイトでは「世界中で絶大な人気を誇っている。その卓越したテクニックと決定的なプレーで称賛を受けてきた。彼の加入により、目指してきた世界のサッカーでの頂点が近づいた」と紹介され、本人も「PSGには壮大な競争力と野心がある。僕を駆り立てたのは、新たなチームメイトとともにファンが求める新たなタイトルを手にする、壮大なチャレンジ精神だ」とコメントしている。

 シーズンはまもなく開幕する。果たして、ネイマールはかつて7つの美しいゴールを決めたチームで、290億円の価値に見合う活躍をすることができるのか。注目のシーズンとなりそうだ。