(CNN) 激戦が予想されるケニア大統領選は8日に投票日を迎え、早朝から各地の投票所に長い列ができた。

大統領選には8人が立候補しているが、再選を目指すケニヤッタ大統領(55)と野党連合のオディンガ元首相(72)による事実上の一騎打ちとなっている。過去3人の大統領は全員が2期以上の任期を務めた。

選管の報道担当者によると、投票率は非常に高くなる見通しだ。

ケニヤッタ氏とオディンガ氏の父はそれぞれ初代の大統領、副大統領として独立直後のケニアを率いた。

オディンガ氏は2008〜13年に首相を務めた経歴を持ち、大統領選に立候補するのは4回目。ケニヤッタ氏とは13年の大統領選でも対決し、小差で敗れた。オディンガ氏はこの結果を受けてケニヤッタ陣営による不正を主張したが、最高裁はこの訴えを退けた。

オディンガ氏は今回も、ケニヤッタ氏が不正操作を図っていると主張する。これに対してケニヤッタ氏は、オディンガ氏が国を分断しようとしていると非難してきた。

8日の投票ではいずれかの候補が全体の過半数の票を確保し、さらに47郡のうち半分以上で得票率が25%以上となった場合に当選が決まる。基準に達した候補者がいない場合は、同国史上初の決選投票が実施される。

全国に設けられた4万カ所余りの投票所のうち、1万1000カ所余りはモバイル通信が満足につながらないため、開票結果の報告には衛星電話などの手段を使うことになる。

選挙戦では両氏とも雇用創出などの経済政策や汚職撲滅を訴えた。同国では18〜35歳の人口が有権者全体の51%を占めているため、若者の票が特に重要な意味を持つ。

前回の大統領選で目立ったトラブルは起きなかったが、その前の07年は当時現職だったキバキ前大統領にオディンガ氏が敗れ、不正操作を主張。双方の支持者らによる抗議デモが経済的な不満や部族間対立にあおられて暴動に発展し、1000人以上の死者が出た。

今回も一部の住民は暴力再燃に備え、食料や飲料水を買いだめしているという。