「糖」が気になるなら指を入れるだけでチェックできます!

写真拡大 (全5枚)

糖とタンパク質が結合して体内で生成される老化物質・AGEs(エージーイー:最終糖化産物)が、ヒトの加齢現象や健康状態を表す新たな指標として注目を集めています。生活習慣の乱れ(偏った食生活や運動不足など)によって体内の糖が過剰になると、AGEsの生成が加速されて体内の様々な組織に蓄積。老化に関与するといわれています。

シャープライフサイエンスが8月4日に発売を開始したAGEsセンサ「RQ-AG01J」は、“光を当てると発光する”という特性を持つAGEsに注目。その特性を利用してAGEsを測定・解析する機器です。

測定方法は本機に左手の中指を挿入するだけと非常に簡単。指先に近紫外線を照射してAGEsを測定・解析します。血液の採取は不要で、測定時間も約30〜60秒と短時間です。測定結果はスコア化してA〜Eの5段階で表すだけでなく、同世代との相対比較による順位(1〜100位)を目安として表示します。付属のプリンタで測定結果を印字も可能。

AGEsの蓄積が思い当たる節だらけの方も、また自分は無関係と思った方も、自分の蓄積レベルは知っておいて損はナシ。

職場などに備えておけば、自身の老化度合いを把握できるだけでなく、生活習慣見直しの契機にも繋がりそうです。

>> SHARP「AGEsセンサ」

 

(文/&GP編集部)