LINEでのやり取りは、カップルにとっても絶好のコミュケーションツール。

ちょっと会えなくてもLINEさえあれば、何となく気が紛れてり落ち着いたりもするものです。

しかし、かまってほしいあまりに送ったLINEが、彼をイラっとさせしまうことも……。

そして、そのかまってちゃんぶりに「この子じゃない……」なんて烙印を押されてしまうことだって。



出典:Nosh

そこで、今回は、男がイラっとする彼女のかまってちゃんLINEをご紹介しましょう。

 

■「今どこ?」「今何しているの?」

四六時中、監視されているようなこの束縛感。男性はイラっとしてしまいます。

女性としては、彼が“今どこで何をしているのか”知ることができるので、きっと安心することができるでしょう。

しかし、男性は窮屈でしかありません。メッセージを送るたびに、気持ちが離れてしまうかもしれませんよ。

不安に思うことがあっても、彼を信頼してあげる気持ちも大切にしましょう。

 

■じーっと見つめるスタンプ

じーっと見つめられ、何か言いたげなスタンプ……。

このスタンプに反応してあげなきゃいけない思いに駆られ、どこかイラっとした気持ちまで込みあげてきます。

もちろん気にしない男性もいるかもしれません。しかし、このスタンプのみを送られると、ただの“かまってちゃん”としか思えないのが男の本心。

じーっとスタンプのみは、イラっとさせてしまうもととなるので、ちゃんと要件も一緒に伝えるようにしましょうね。

 

■「ヤバイ!どうしよ!」「大変だよ!」

ドキッとさせようとしても、そうでもかなった場合、間違いなく男性はイラっとします。

かまってもらおうと、少々盛ったつもりなのかもしれませんが、男性側からしてみたら「かまってほしい」と普通に言われた方がまだまし。

このようなドキッとさせられるようなLINEは、本当に大変なことが起きたときに相手にされなくなってしまうので注意してくださいね。

 

■「どうせ私なんて…」

彼に励ましてほしい気持ちはわかります。しかし、ネガティブすぎるLINEは、彼の気分までをも沈めてしまうもの。

このようなLINEが繰り返されれば、男性はイラっとするどころか、「もう一緒にいたくない」という最悪な結末につながってしまう可能性も。

とうぜん不安が込み上げてくることもあります。でも、彼にばかりその想いを解消してもらおうと頼り過ぎないことも必要ですよ。

 

いかがでしたか? カップルにとってLINEは、気持ちを深めるための大切なツールです。

それなのに“別れ”を意識させてしまうことになったら大変。

かまってもらうためのLINEは送り過ぎないように、心がけることも大切でしょう。(占い師 そら)

【関連記事】

※ コスパ重視!? アラサー女子2人が「最近の女子会事情」をぶっちゃけ!(PR)

※ 背筋がゾっとする…「彼氏から届いた」恐怖LINE

※ ゾワゾワ…アラサー女の背筋が凍った「元カレ」からの恐怖LINE

※ 【実話】背筋がゾッ…元カノから送られてきた恐怖LINE

※ 「俺のこと好きなの…?」男心を揺さぶる小悪魔LINEテク

※ 勘弁してくれよ…アラサー男がドン引きした「必死すぎる女」のLINE