画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●スマホで夜景、どれだけの画質か?

7月31日、都内にて「HUAWEI P10」および「HUAWEI P10 Plus」を使用した夜景撮影中心のカンタンな写真セミナーが開催された。スマートフォンのメインカメラ (アウトカメラ) は順調に進化を続け、コンパクトデジタルカメラの座を奪っている。この点、画質の向上だけでなく、即座にシェアしたり、写真加工をしたりとできる部分もウケているのだろう。

○カラーとモノクロ、2つのセンサーの役割

「Leica Dual Camera」技術を搭載したHUAWEI P10とHUAWEI P10 Plusは、カラーセンサーとモノクロセンサーを併用し、それぞれ得意とする部分を合成して1枚の写真にするという手法を採用している。

具体的には、1,200万画素のカラーセンサーで強い光を重点的に取得し、2,000万画素のモノクロセンサーで弱い光を捉えて、カラーセンサーとモノクロセンサーのいいところを統合するという形だ。また、モノクロセンサー側でディティールと階調を取り込んでいるため、他のスマホと比べると、解像感の高い絵になりやすい。モノクロにカラー情報を乗せているともいえる。

HUAWEI P10 Plusの撮影機能で夜景向けとしてプッシュされたのは「夜景撮影」「ライトペインティング」「マニュアル」の3つ。「夜景撮影」は文字通りで夜景撮影を前提とした撮影モードで、ISO感度とシャッター速度を自動的に設定してくれる。「ライトペインティング」は明るい部分だけをリアルタイムに合成していくような撮影モードだ。「マニュアル」はシャッター速度やISO感度、ホワイトバランスなどを自分で決められるモードになる。

●感度やシャッター速度をマニュアル設定

○目指そう、まず手持ちで1秒

では「夜間撮影」モードから実践してみよう。このモードは基本的に1秒以上のシャッター速度になりがちで、スマホ用のミニ三脚があると都合がいい。ただ常時三脚を準備するというのも面倒なので、手持ちでの撮影例を見ていこう。なお「夜景撮影」は「マニュアル」と似ている部分が多いため「マニュアル」で撮影する場合の参考にもなるだろう。

「夜景撮影」では、シャッター速度とISO感度を任意に設定できる。多少、ノイズが出てもいいのなら、ISOはオートのままにして、シャッター速度を手動で設定してみよう。HUAWEI P10 Plusには光学手ぶれ補正機能があるため、しっかりと構えていればシャッター速度1/5秒あたりまでの打率は高い。気合いを入れずに持った場合でも、1/30秒で問題のない写真が多い。

「マニュアル」で撮影する場合は、ホワイトバランスを2800K〜3200Kあたりにすると、それっぽい色になるため、「夜景撮影」でなんとなく設定方法を覚えたら「マニュアル」モードで撮るのもいい。

厳密には手持ちではないが、胸板にHUAWEI P10 Plusを押しつけての撮影もアリ。2秒以上のシーンで効果的だ。ディスプレイ面をべったり押しつけても、ボリュームボタンや音声シャッター、タイマーで撮影ができるため、あまり支障はない (見た目は盛大に怪しいが)。胸で都合が悪い場合は、HUAWEI P10 PlusのUSB Type-C端子がある側を肩口あたりに押しつけるのもいい。そのときはシャッターボタンやボリュームボタンが押しにくいので、音声シャッターがオススメだ。

ISO感度を手動設定するなら、ISO800までを目安にするといいだろう。以下のチェックのように、ディティールやノイズに差は生じているが、HUAWEI P10 Plus本体で見たり、SNSにアップロードするのが前提であれば、気になりにくいレベルだ。低速シャッターではどうしてもブレてしまうときに試してみよう。

●光の軌跡が流れる「あの写真」を撮る

○ライトペインティングはとてもカンタン

次に「ライトペインティング」。被写体の明るい部分を重ねてに取得していき、1枚の写真に合成する機能だ。「ライトペインティング」に含まれる4種類のモードの中では、「テールライトトレイル」がわかりやすく、車両のテールライトが尾を引く写真を楽に撮影可能だ。シャッターを開けている時間は任意で決められ、終了時にシャッターボタンを押す操作もある。ポイントとしては、1枚目の撮影データをもとに、以降は明るい部分だけを追加取得していくので、多少震えてもブレているようには見えにくいところだ。そのため、「夜景撮影」モードや「マニュアル」モードよりもお手軽である。

○撮っていて楽しいカメラ機能

セミナーの内容が初心者向けの夜景撮影講座であったため、夜景撮影の話ばかりになってしまったが、日中シーンでの撮影においてもHUAWEI P10 Plusは、とても味のある絵を写してくれる。店頭でのテストショットでも十分に、その描写を体感できるので、まだハンズオンしたことのない人はぜひ体感してほしい。また、すでにHUAWEI P10やHUAWEI P10 Plusユーザーである場合は、花火大会などでカメラ機能を駆使してみてほしい。思いっきり楽しめるハズだ。