(CNN) 米海兵隊の新型輸送機オスプレイがオーストラリア沖で墜落した事故で、米海兵隊は8日までに死亡した海兵隊員3人の名前を公表した。

沖縄駐留の米海兵隊を統括するキャンプ・バトラーが発表したところによると、死亡したのは海兵隊のベンジャミン・クロス中尉(26)、ナサニエル・オードウェー伍長(21)、ルーベン・ベラスコ一等兵(19)。3人は墜落時に行方不明となり、6日未明に捜索打ち切りが発表されていた。

海兵隊の報道官は、現場海域周辺での広範に及ぶ捜索、救出活動で死亡が断定されたと述べたが、遺体は収容されなかったという。

オーストラリアのペイン国防相が7日に発表したところによると、墜落機の機体はオーストラリア海軍が発見した。

同機は沖縄を拠点とする第31海兵遠征部隊に所属。現地では先月末まで米軍とオーストラリア軍の合同演習に参加していた。搭乗していた26人のうち23人は救助されている。