体調を崩してしまった小林麻耶さん

写真拡大

フリーアナウンサーの小林麻耶さんが、「ダウンです」と、自身の現状をブログで報告した。疲れが「ドッと」出たようだと分析している。

麻耶さんは仕事の傍ら、先日亡くなった、がん闘病中だった妹の小林麻央さんの子供たちの世話にも力を入れている。ブログのコメント欄には「ゆっくり休んでくださいね」などと、心配する声が寄せられている。

「今も鉛のように身体が重いです」

麻耶さんは2017年8月8日昼、「ダウンです。」と題したブログを更新。前回(5日)以来、間があいてしまったとして、

「疲れがドッと出てしまったようです」

と、更新が滞っていた理由を説明した。コメント欄や友人から、無理をしないように、休んでね、と言われていたが、

「気が張りすぎていて」

自分の体調に気付けなかったそうだ。かなり疲れていたようで、

「寝ても寝ても 寝ても寝ても 起き上がれず」

といった状態で、

「今も鉛のように身体が重いです」

と明かした。さらに、

「生前妹の看病から、今日にいたるまでずっと動いていたので、そろそろ、身体もSOSだったんですね」

と振り返った。

麻耶さんは、2016年5月にテレビ番組の生放送中に体調を崩して退席し、17年春にテレビ復帰するまで長期間、休養していた。妹の麻央さんの闘病については、麻耶さんが体調を崩した当時は公表されていなかったが、のちに、看病や子供たちの世話で疲労が蓄積した末の休養だと明らかになった。17年6月の麻央さん死去のあとも、残された子供たちの世話に時間を割いており、麻央さんの夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんも、麻央さん死去後間もない6月28日のブログで、「まやさんありがとう」とのタイトルをつけ、麻耶さんの尽力へ感謝の言葉を連ねていた。

こうした経緯もあってか、今回の麻耶さんの「ダウン」報告には、8月8日夕現在で850件を超えるコメントが寄せられ、

「ただでさえ暑い毎日、体調崩しやすいので、どうかご自愛くださいね」
「ゆっくり休んでくださいね」
「大丈夫ですか...」

などと心配したり、励ましたりする声が相次いだ。

昼食の出前を「堪能」

もっとも、今回の「ダウン」は深刻なものではないようで、前述のブログでは、

「自分に出来ることを最大限、精一杯、全力でやれたこと 自分を褒めてあげたいと思います!!!!!!!」

と前向きな姿勢を示している。その約1時間後の更新では、昼食として出前が届いたとして、「サラダとスープと雑穀米おにぎり」を写真付きで紹介。食事を「堪能!!」したそうで、

「お昼寝したいと思います」

と、余裕を感じさせる内容となっていた。